「サイトマップを読み込めませんでした」が出る理由(Google Search Console )

サーチコンソールで「サイトマップを読み込めませんでした」が表示される

グーグルサーチコンソール(Google Search Console)サイトマップを送信する際に、「サイトマップを読み込めませんでした」というメッセージが表示される場合があります。

これはエラーメッセージで、グーグル(Google)にサイトマップを認識してもらえていない状態なので対処が必要です。

「サイトマップって?」「なぜ認識してもらわないといけないの?」と思った方がいらっしゃると思います。

サイトマップとは、Webサイト内のどこに、どのような内容のページがあるのかを示すファイルのことです。

サイトマップには、サイトの訪問者用(HTMLサイトマップ)とグーグル用(XMLサイトマップ)の2種類あり、それぞれのメリットは以下の通りです。

  • サイト訪問者が目的のページを探しやすくなる
  • グーグルに評価してほしいページを早く見つけてもらえる

サイトマップを用意しておくと、サイトに訪れたユーザーが、見たいページにたどり着きやすくなるなどの利便性が向上します

今回のケースにおいては、グーグルに向けてのサイトマップでご紹介していきたいと思います。

グーグルは、検索結果の表示に反映させる情報を収集するために、クローラーというプログラムを、Webサイト内に巡回させています。

サイトマップがあると、クローラーはユーザーが評価してほしいページを早く見つけることができます

つまりサイトマップとは、グーグルのクローラーにとって、ページを効率よく簡単に見つけることができる、Webサイト内の地図のような役割を持っているのです。

以上のことから、サイトマップを作成し、サーチコンソールを使ってグーグルに認識してもらいましょう。

サイトマップはツールを使って作成します。

作成したサイトマップは、サーチコンソールに登録し、グーグルへ送信すれば完了です。

しかし、サーチコンソールでサイトマップを送信する際に、「サイトマップを読み込めませんでした」というエラーメッセージが表示されることがあるのです。

「サイトマップを読み込めませんでした」が出る理由

サーチコンソールでサイトマップを送信した際に「サイトマップを読み込めませんでした」が表示されるのは、サイトマップの送信時にエラーが発生したときです。

「サイトマップを読み込めませんでした」が表示される理由は以下の通りです。

  • サイトマップがなくなっている
  • サイトが見れない状態になっている

「サイトマップを読み込めませんでした」が表示されるときは、グーグルが「前回はサイトマップを見に行けたのに、今回は行けない」という状態のときです。

このような状態になっている原因としては、サイトマップのURLが間違っているサーバーがダウンしているサイトへのアクセス権限がグーグルにないため見にいけない、などが考えられます。

また、サイトのドメインの有効期限が切れていたり、SSLサーバー証明書の有効期限が切れていたりする場合もあります。

様々な原因を挙げましたが、「サイトマップを読み込めませんでした」が表示されたら、まずはネットでサイトマップのURLにアクセスしてみましょう。

「サイトマップを読み込めませんでした」が表示されたとしても、サイトマップがネット上に表示されていれば問題ありません。

スポンサーリンク

ホームページ運営でお悩みの場合は、弊社にご相談ください

今回は、サーチコンソール(Google Search Console)で「サイトマップを読み込めませんでした」が出る理由についてご紹介しました。

ホームページを運営しているけど、「よくわからないことが多いから相談したい」「専門的で難しいから、作業を代行してほしい」などの場合には、弊社にお問い合わせください

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

下記の画像をクリックしていただくと、無料診断フォームに遷移します。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信中


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です