MovableTypeからWordPressに移行したい!作業代行をお願いします

MovableTypeからWordPressへの移行作業代行をお願いします

今回ご紹介する事例は、下記のようなお問い合わせ内容です。

お問い合わせ内容

K様(教育)

MovableTypeでホームページを運営していますが、スケジュール管理などが煩雑になってきたため、今後のことを考えて、WordPressに引っ越そうと考えています。

必要な情報を送らせていただくので、宜しくお願いします。

テレコム東京の対応

上記のお客様のケースで状況を詳しくお伺いしていったところ、さらに下記のような状況であることが確認できました。

  • 独自ドメインにて運用中で、移行後も変更せずに使用したい
  • ページ数は、現在200ページ

以上の点を踏まえ、弊社では、下記のような対応をさせていただきました。

実際の対応

はじめに、移行にあたって、WordPressを設置するレンタルサーバーを契約していただくことが必要だったため、お客様のサイト状況を詳しくお聞きした上で、最適なレンタルサーバープランをご提案させていただきました。

無事、弊社がご提案させていただいたサーバープランにご納得していただけたため、そのままお客様側で契約を進めていただきました。

続いて、下記の情報をお客様よりお聞きしました。

必要な情報

  • MovableTypeのログイン情報
  • WordPressを設置するレンタルサーバーのログイン情報
  • ドメイン情報
  • FTPのログイン情報

続いて、主に下記の作業内容でお客様のご要望を実現しました。

作業内容

  1. レンタルサーバーの初期設定
  2. MovableTypeの記事データをエクスポート
  3. MovableTypeの画像データをダウンロード
  4. WordPressのインストール・初期設定(一般設定やパーマリンク設定、テーマのカスタマイズなどを含む)
    ※テーマは、お客様のご意向に添うデザインを適用しました
  5. WordPressに記事データをインポート
  6. WordPressに画像データをアップロード
  7. 内部リンクの修正
  8. サイトデザインの調整
  9. DNSサーバー切り替え
  10. MovableType内のコンテンツ削除
  11. 最終確認を行い、作業完了・公開
  12. 30日間の無料保証サポート
スポンサーリンク

このケースの見積もり金額

今回ご紹介したケースの場合、弊社では10万円(税別)にて対応いたしました。
(※MovableTypeのバージョンやサイト数、移行時の難易度、コンテンツ数などによって変動する可能性がございますので、まずはお問い合わせください。)

業者によって設定されている価格が異なり、同じ作業内容であっても高額な見積もりを出される場合もありますので、依頼先を検討する際には必ず他社見積りを取りましょう

今回ご紹介したようなケース以外にもホームページのことでお困りの場合は、お気軽に弊社までお問い合わせください

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

下記の画像をクリックしていただくと、無料診断フォームに遷移します。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信中


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です