「保護されていない通信」の場合「ブロック」にサイトの許可をされる可能性あり

「保護されていない通信」の場合「ブロック」にサイトの許可をされる可能性あり

Google Chromeのブラウザでは、ウェブアドレスの左に表示されている

  • 鍵(=南京錠のようなアイコン)
  • 情報(=インフォメーションの「i」が丸く囲まれたアイコン)
  • 危険(=赤い三角のびっくりマークアイコン)
  • をクリックすると、「サイトの設定」を変更することができます。

    この件については、Google Chromeのヘルプページでも以下のように記載されています。

    この方法で特定のサイトについて、各種要素を許可またはブロックに変更することができるため、「保護されていない通信」のままだと、あなたのサイトが「ブロック」にサイトの許可を変更されてしまうかもしれません。

    こうした事態を避けるためにも、「保護された通信」(=鍵マークの出ている状態)に変更することが必要になります。


    下記の記事では、「保護されていない通信」と表示される原因や常時SSL化対応などについて、徹底解説しています。

    ぜひ、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

    「保護されていない通信」と表示される原因とは?常時SSL化対応しよう

    記事はこちら

    スポンサーリンク

    サイトのSSL化でお困りの場合は、弊社にお任せください

    今回は、「保護されていない通信」に関する情報をご紹介しました。

    サイトのSSL化に関してお困りのサイト運営者の方などは、弊社のSSL化代行サービスがおすすめです。

    今なら、無料相談キャンペーンを実施しております。

    弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

    わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

    関連記事

    f B!

    PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信中


    プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


    記事はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です