Googleが常時SSL化対応を推奨!SEOや検索順位に影響あり

GoogleがSSL化切り替えを推奨

検索エンジン大手のGoogleは、2014年8月に「HTTPSをランキングシグナルに使用します」という発表をしました。

これは、インターネットを利用するユーザーが安全な通信に接続できるように、全てのサイト所有者に対して「http」から「https」への切り替え(=常時SSL化)を推奨しているということです。

さらに言うと、「SEOでhttps化されたサイトを優遇する」ということをGoogleが明言したことによって、https化されていないサイトは検索結果において不利になってしまう可能性があります。

常時SSL化への切り替えは、Yahoo!においても2016年4月から2017年3月までに全サービスで対応しています。

Google Chromeアップデートでは、2017年1月にリリースされたGoogle Chrome62以降において、SSL化していない場合、サイトのURLが表示されるアドレスバーに「保護されていません」や「保護されていない通信」という警告文が表示されるようになりました。

「保護されていない通信」の例
http1
http2

非SSL化対応の場合、収益減少の可能性も

SSL化されていないHTTPページのままだと、お問合せフォームなどの入力フォームに入力しようとした場合、赤字で「保護されていない通信」と強調されて表示されます。

非SSL化サイトに表示される「保護されていない通信」という警告文の表示によって、これを読んだユーザーに対して悪影響を与えてしまうことは避けられず、サイトのアクセス数減少や売上減少の可能性が高まります。

そのため、近年では一刻も早い常時SSL化対応が求められています。


下記の記事では、サイトの常時SSL化対応するにあたり、無料SSLと有料SSLの違いや、SSL化の必要性、SSLに関わる費用に関して詳しく解説しています。

サイト常時SSL対応の無料と有料の違いは?SSLの必要性や費用を徹底解説

記事はこちら

スポンサーリンク

サイトのSSL化でお困りの場合は、弊社にお任せください

サイトのSSL化に関してお困りのサイト運営者の方などは、弊社のSSL化代行サービスがおすすめです。

今なら、無料相談キャンペーンを実施しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です