WordPressのリダイレクトループはSSL化の設定が原因?サイトの無限ループ解消の作業代行をお願いします

WordPressのサイトをSSL化したらリダイレクトループが発生しました

リダイレクトループ

今回ご紹介する事例のお問い合わせ内容は、下記の通りです。

お問合せ内容

M様(小売業)

WordPressを使ってホームページを運営しています。

自分でサイトのSSL化をしたところ、リダイレクトの無限ループに陥ってしまい困っています。

リダイレクトループが発生しているのは、特定のページのみで、投稿ページは表示できている状態です。

SSLの設定方法に原因があるのかもしれません。

自分では対処できそうもなく、時間をかけたくないので修正作業をお願いします。

テレコム東京の対応

対応

お客様からサイトに関するお話をお伺いし、以下の情報をお聞きしました。

  • レンタルサーバーの無料独自SSLを利用中
  • 独自ドメインを使用中

リダイレクトループとは、ユーザーが見たいページにアクセスしたときに、他のページに自動的に転送されるリダイレクトが、次々と起こってしまうことです。

リダイレクトループが起こると、いつまでたっても見たいページが表示されない状態となってしまいます。

お客様のサイトは、固定ページ2ページと投稿ページで構成されており、固定ページでリダイレクトループが発生していました。

以上の点を踏まえて、弊社では、下記のような対応をさせていただきました。

実際の対応

お客様に下記の情報をお聞きしました。

必要な情報

  • レンタルサーバーのログイン情報
  • WordPressのログイン情報
  • ドメイン情報

WordPressのバージョンなどの問題がなかったため、以下のような修正作業を行い、お客様のご要望を実現しました。

作業内容

    1. SSL証明書の内容確認
    2. レンタルサーバーのSSL設定確認
      (.htaccessファイルでの記述ミスが原因と判明)
    3. WordPressのSSL設定確認
    4. WordPressのプラグインでリダイレクト設定
    5. ページが正常に表示できているか確認
    6. お客様にご確認いただいた後、作業完了

(※緊急差し込み案件だった為、作業着手から2時間で完了しました。)

リダイレクトループの原因は様々ありますが、今回のケースは、サーバー上にある「.htaccess」ファイルにおける、常時SSL設定の記述ミスが原因でした。

サイトをSSL化するためには、「http」から「https」へ転送するための設定を、サーバーやWordPressの他に、「.htaccess」ファイルでも行わなければいけません。

しかし今回は、「.htaccess」ファイルを修正する代わりに、WordPressのプラグインを利用することで無事リダイレクトループを解消することができました。

「.htaccess」ファイルは、サイトのアクセスに関する需要なファイルですので、記述の際は気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

このケースの見積もり金額

見積り

今回ご紹介したケースの場合、弊社では5万円(税別)にて対応いたしました。

今回は、お客様のご要望により早急に対応し、「緊急差し込み案件」という扱いさせていただきましたので、上記の金額となりました。
(※バージョンやリダイレクトを設定するページなどにより、金額が変動する可能性がございますので、まずはお問い合わせください。)

業者によって設定されている価格が異なり、同じ作業内容であっても高額な見積もりを出される場合もありますので、依頼先を検討する際には必ず他社見積りを取りましょう

今回ご紹介したようなケース以外にもホームページのことでお困りの場合は、お気軽に弊社までお問い合わせください

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

下記の画像をクリックしていただくと、無料診断フォームに遷移します。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信中


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です