WordPressの移行(引っ越し)時にリダイレクトする方法!.htaccessでの設定方法をご紹介

サイトのドメイン変更を伴うWordPress(ワードプレス)の移行・引っ越し時などには、旧ドメインへのアクセスを、全て新ドメインのサイトへリダイレクト設定(=旧ドメインのアクセスを、自動的に新ドメインに転送すること)する必要があります。

今回は、リダイレクトが必要になる3つのケースや、WordPress移行時にリダイレクト設定する方法として.htaccessへの記述方法をご紹介していきます。

リダイレクトとは?

PC

上記でも少しご説明しましたが、改めてWEBサイトにおける「リダイレクト」とは、指定したURLやWEBページにアクセスが入った場合に、自動的に他の指定したURLやWEBページに転送されることを言います。

別名、「URLリダイレクト」「HTTPリダイレクト」などと呼ばれることもあります。

一般的に、WEBサイトのURLやドメインが変更した場合にリダイレクト設定が行われます。

リダイレクトの種類

リダイレクトには、主に下記2種類があります。

主なリダイレクトの種類

  • 301リダイレクト
    以前の評価を引き継ぎ、恒久的な転送を行う
  • 302リダイレクト
    以前の評価を引き継がず、一時的な転送を行う

301リダイレクトと302リダイレクトの大きな違いは、以前のページの評価を引き継ぐか否かと、恒久的か一時的かという差があります。

主に301リダイレクトを設定するケースが多く、301リダイレクトはこれまでのサイト・ページの評価を落とすことなく、被リンクの評価も引き継がれるため、SEO効果があると言えます。

検索エンジンからのアクセスや検索順位を引き継ぎたい場合には、301リダイレクトを設定しましょう。

スポンサーリンク

リダイレクトが必要になる3つのケース

PC

WordPressの引越しにおいて、リダイレクトが必要になる場合とそうでない場合があります。

WordPressの引越しでリダイレクトが必要になるケースは、下記の3つのケースになります。

リダイレクトが必要になるケース

  1. サイト全体のドメイン・URLが変更する場合
  2. ドメインは変更しなくても、サイト内の一部ページのURLが変更する場合
  3. カテゴリーのURLが変更する場合

いずれの場合も「URLが変更する場合」においてリダイレクト設定が必要になります。

ここからは、上記の3つのケースについて、詳しくご説明していきます。

サイト全体のドメイン・URLが変更する場合

WordPressの引越しにおいて、サイト全体のドメイン・URLが変わる場合には、旧ドメインから新ドメインにリダイレクト設定する必要があります。

例:
旧ドメイン abc.com
新ドメイン xyz.com

ドメインは変更しなくても、サイト内の一部ページのURLが変更する場合

WordPressの引越しにおいて、ドメインは変更しなくても、サイト内の一部ページのURLが変更する場合には、ページ単位でリダイレクト設定する必要があります。

例:
変更前 abc.com/aaa001/
変更後 abc.com/bbb001/

上記のような場合には、簡単にリダイレクト設定ができるプラグインがおすすめです。

リダイレクト設定を行うには「301 Redirects」というプラグインが便利です。

プラグイン

弊社でも活用しているプラグインで、記事単位で簡単にリダイレクト設定が行えますよ。

カテゴリーのURLが変更する場合

WordPressの引越しにおいて、ドメインは変更しなくても、カテゴリーのURLが変更する場合には、リダイレクト設定する必要があります。

例:
変更前 abc.com/category1/
変更後 abc.com/category2/

上記のような場合においても、リダイレクト設定には前項でご紹介した「301 Redirects」というプラグインがおすすめですよ。

WordPressの移行時(引っ越し時)にリダイレクトする方法(.htaccessでの設定方法)

PC

WordPressの移行時にサイト全体のドメイン・URLが変わる場合において、「.htaccessファイル」を使ってリダイレクト設定する方法をご紹介していきます。

まず始めに、FTPソフト(=サーバーにファイルをアップロードやダウンロードする際に使うファイル転送用ソフトウェア)から、「.htaccessファイル」をお使いのパソコンにダウンロードします。(※「.htaccessファイル」の設定は、レンタルサーバーによってお使いのレンタルサーバーの管理画面から行える場合もありますので、そのような場合にはFTPソフトは不要です。)

ダウンロードした「.htaccessファイル」をテキストエディタで開き、ファイル内の一番上の位置(# BEGIN WordPressの前の部分)に、下記の前半6行の記述を付け加えてください。

「.htaccessファイル」はサイトに関わる重要なファイルですので、作業前に必ずバックアップを取っておいてください。万が一、間違えてしまうとサイトが真っ白になってしまう可能性があります。

必ず、ファイル内の一番上の位置(# BEGIN WordPressの前の部分)に記述しましょう。後ろの位置に記述するとエラーが発生してしまいます。

「.htaccessファイル」への追記が完了したら、上書き保存してFTPソフトを使ってアップロードします。

アップロードしたら、リダイレクト処理が正常に行われているかどうかを確認するために、旧ドメインにアクセスし、正常に新ドメインに転送されるかをチェックしましょう。

そこで正常に新ドメインに自動転送されれば、作業は完了です。

(参考)「プラグインRedirectionでリダイレクト設定する方法」はこちら

プラグイン

ドメイン・URLの変更を伴うWordPress移行時のリダイレクト設定方法は、今回ご紹介した「.htaccessファイルを編集する方法」と、もう一つ「プラグインを使う方法」の2通りがあります。

初心者の方などで「.htaccessファイル」を編集してリダイレクト設定を行うのは、少しハードルが高いと感じる場合には、こちらの記事でご紹介している「プラグインRedirectionを使う方法」がおすすめです。

WordPress移行(引っ越し)時のリダイレクト設定方法!プラグインRedirectionの使い方

記事はこちら

スポンサーリンク

サーバー移行でお困りの方は、弊社にお任せください

メール

今回は、WordPressの移行後に.htaccessでリダイレクト設定する方法についてご紹介しました。

実際にリダイレクト設定してみたけどなかなか上手くいかない場合や、よくわからない場合などには、お気軽に弊社にお問い合わせください

今なら、無料相談・お見積りキャンペーンを実施しています。

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です