SSL化に必要なリダイレクト!htaccessでhttpからhttpsへ301リダイレクト

SSL化に必要なリダイレクト!httpからhttpsへのリダイレクト方法

WEBサイトを常時SSL化対応する際に必要な作業の一つとして、httpからhttpsへのリダイレクト処理があります。

httpからhttpsへのリダイレクト処理を行うことによって、URLがhttpsに変更され、SSL化が正常に完了していれば「保護されていない通信」などといった警告文が表示されることもなくなります。

httpからhttpsへリダイレクトを行わないと、SSL化実装後もhttpから始まるサイトがGoogleなどの検索エンジンにインデックスされたままになってしまい、検索エンジンやユーザーがhttpのサイトにアクセスした際に、今までのようなページが表示されずサイトが閉鎖されたのかと勘違いさせてしまう可能性があります。

このようにユーザーのサイト離れを起こさないためにも、httpからhttpsへのリダイレクトは必須と言えるでしょう。

今回は「.htaccessを使ってhttpからhttpsにリダイレクトする方法」を詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

.htaccessを使ってhttpからhttpsにリダイレクトする方法

リダイレクト

httpからhttpsにリダイレクトするには、まずWEBサーバーにログインし「.htaccessファイル」を作成しましょう。

既に.htaccessファイルが作成されている場合には、その.htaccessファイルを開きましょう。

続いて.htaccessファイルに下記の記述を追加しましょう。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://example.com/$1 [R=301,L]

上記のような記述を.htaccessファイルにすることによって、全てのページがhttpsにリダイレクトされます

上記1行目と2行目と同じ記述が既にされている場合には、繰り返し記述する必要はありません。

上記4行目のexample.com部分は、ご自身のドメインに変更して記述してください。

また、4行目末尾の[R=301,L]部分は、301リダイレクトとして永久的にHTTPからHTTPSにリダイレクトする設定になります。

恒久的なリダイレクトではなく、一時的な302リダイレクト設定をしたい場合には、4行目末尾を[R,L]に変更して記述しましょう。

4行目末尾

  • [R=301,L]:恒久的にHTTPからHTTPSにリダイレクト
  • [R,L]:一時的なリダイレクト
スポンサーリンク

301リダイレクトと302リダイレクトの違い

SEO

常時SSL化でリダイレクト設定を行う場合、301リダイレクトで設定することが大半ですが、用途によっては302リダイレクトを設定したいというケースもあるかと思います。

301リダイレクトと302リダイレクトの違いは、今までのサイト評価を引き継げるかどうかになります。

301リダイレクトを設定した場合、今までの被リンクなどのサイト評価を引き継ぐことができて、SEO効果があります。

反対に302リダイレクトを設定した場合には、一時的な転送処理となるため以前のサイトの評価を引き継ぐことができません。

検索順位を下げてしまう可能性を減らすためにも、301リダイレクトで転送をかける方が多いです。

301リダイレクトと302リダイレクトのどちらを設定するかは、用途にあわせて使い分けると良いでしょう。

httpsにリダイレクトする際の注意点

注意点

httpからhttpsにリダイレクト設定をする際の注意点として、htaccessファイルへの設定を間違えるとWEBサイトが見られなくなったり、サーバー動作しなくなったりする恐れがあります。

そのため、必ずテストサーバーで検証してから本番環境にアップロードするようにしましょう。

また、必要に応じてバックアップを取っておくなど、万が一、失敗してしまった場合でもすぐに取り返しがつく状況を整えておくと、安心してリダイレクト設定を行えるでしょう。


下記の記事では、SSL化の必要性や作業前に確認しておくべきポイントや、リダイレクト法などの情報をまとめてご紹介しておりますので、よろしければご参照くださいね。

SSL化前に確認すべき点や上手くSSL化されない時の対処法を解説!証明書やリダイレクト法まとめ

スポンサーリンク

httpからhttpsへのリダイレクト手順でご不明な点がある場合は、弊社にご相談ください

今回はhttpからhttpsへのリダイレクト設定方法をご説明しました。

しかし、常時SSL化に関するリダイレクト設定は、WEBサーバーの重要なファイルの設定を変更することとなり、失敗してしまうとサイトが見られなくなってしまう可能性もあるリスクを伴う作業です。

専門性が高くてよくわからない方や、ご自身でリダイレクト作業をすることに不安を感じる方などは、専門家である弊社にお任せください

今なら、無料相談キャンペーンを実施中です。

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です