HTTPS化する際に必要なリダイレクト処理!301リダイレクト設定方法

HTTPS化する際に必要なリダイレクト処理!301リダイレクト設定方法

サイトをHTTPS化するにあたり、サイトのバックアップが完了し、使用しているサーバーでのSSL設定が完了した段階のままだと、「http」から始まる非HTPS化サイトにアクセスした際に、「ページが見つかりません」というようなエラーメッセージが表示されてしまいます。

このような状況を打破するには、WordPressではないソフトでブログやサイトを作成・運営している場合、非HTPS化サイトからHTTPS化した「https」サイトに301リダイレクト処理を行う必要があります。

ちなみに301リダイレクトとは、WEBサイトにアクセスした際に、指定したWEBページから自動的に他のWEBページへと恒久的に転送することを意味します。

301リダイレクト設定手順として、FTP(=ファイル転送プロトコル)にログインし、「.htaccessファイル」をエディターで開いて以下のコードを先頭部分に記述しましょう。

上記のコードをコピペできたら、編集した.htaccessファイルを上書き保存し、サーバー上にアップロードしましょう。

作業が完了したら、httpのURLにアクセスしてhttpsサイトにリダイレクトが正常に行われるかどうかを確認しましょう。

httpのURLにアクセスし、正常にhttpsサイトに自動的に転送されることが確認できれば、リダイレクト設定は完了です。


下記の記事では、HTTPS化における詳しい手順やメリット、費用などの情報をまとめてご紹介しているので、よろしければご参照ください。

HTTPS化とは?手順や費用、メリット、リダイレクト法などを徹底解説

記事はこちら

スポンサーリンク

サイトのSSL化でお困りの場合は、弊社にお任せください

今回は、リダイレクト設定方法に関する情報をご紹介しました。

サイトのSSL化に関してお困りのサイト運営者の方などは、弊社のSSL化代行サービスがおすすめです。

今なら、無料相談キャンペーンを実施しております。

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です