サーバー移行(サーバー移転)の費用相場はどれくらい?代行や外注サービス利用時を徹底比較

費用面や機能面などのさまざまな理由から、現在契約しているサーバーから別サーバーへ移行しようとお考えの方も多いですよね。

実際にサーバー移行しようとした時には、自力で移行作業するという手もありますが、専門性の高い分野のため代行サービスなどの外注という手段を選択するケースが多いです。

そこで気になるのが、サーバー移行の外注費用はどれくらいかかるのか?ということではないでしょうか。

今回は、サーバー移行において代行業者や外注サービスを利用する場合の費用相場についてご紹介していきます。

サーバー移行するよくある理由

PC

まず始めに、サーバー移行する理由として、

「WordPress(ワードプレス)を始めてみたい」
「費用面で折り合いがつかない」
「アクセスが多く集まりすぎて、サイトが見られなくなったり、サイトが重くなったりして困ってる」
「リース契約・レンタル契約をやめたい」
「SSLを入れたいけど利用中のサーバーが有料プランしかないから、無料SSLを入れられるサーバーに移行したい」

などがよくあるケースになります。

上記の他にもサーバー移転を検討する理由は各々ですが、サーバー移転のパターンとしては、主に下記の2パターンになります。

サーバー移行パターン

  1. 共用サーバー(レンタルサーバー)→スペックの高い共用サーバー
    (※少しグレードアップするなど)
  2. 共用サーバー→専用サーバーまたはVPS・AWS
    (※アクセス増でグレードアップするなど)
スポンサーリンク

サーバー移行の費用相場~代行業者を利用する場合~

PC

サーバー移行を代行業者に依頼する場合の費用相場について、1サイトあたりの基本料金は各社バラバラで、5万円~という業者や10万円~、30万円~という業者が多かったです。

この費用目安は、Googleの検索結果において、サーバー移転の代行サービスを提供している業者の上位10サイトを参照し、算出しています。

ただし、1サイトあたりのサーバー移行の代行費用は、下記の要素等によって大きく変動します。

  • サイトのページ数や規模
  • ファイルデータやデータベースの容量
  • CGIやPHPなどサーバー上でプログラムを動かすための仕組みの使用状況
  • CMS(コンテンツ管理システム)の使用状況
  • 契約中サーバーや移行先サーバーの種類
  • 使用中ドメインの状況
  • メールデータの移行の有無
  • アクセス制限の有無
  • リダイレクト設定の有無
  • SSLの有無

代行業者にサーバー移転を依頼する場合には、上記のことを頭に入れた上で複数の業者で相見積りを取ってみて、どこに依頼するかを検討したほうがいいでしょう。

サーバー移転の費用を抑えたい場合は、自力で作業するという選択肢もある

PC

サーバー移行の費用を抑えたいという場合などには、

「自力でサーバー移行作業を行う」

という選択肢もあります。

ただし、目的に合った移行先サーバーの選定や実際のサーバー移行作業、サーバー移行後の運用や保守などを行う必要があり、専門性の高い知識が必要不可欠です。

専門知識があれば問題ありませんが、1からサーバー移行について勉強し、知識を習得するには相当時間がかかります。

サーバー移行を代行業者に依頼した場合、最適なサーバーの選定からサーバー移行作業、サーバー構築までしっかりと対応してもらえます。

自力でサーバー移行を行えば費用を抑えられますが、専門の代行業者に依頼することで安全にサーバー移行ができることは間違いないと言えるでしょう。

スポンサーリンク

サーバー移行をご検討中の場合は、弊社にお任せください

メール

今回は、サーバー移行の費用についてご紹介しました。

サーバー移行は専門性の高い作業になり、作業途中で何か間違えてしまうとホームページが真っ白になってしまう可能性もあります。

弊社は豊富な対応実績があり、サーバー移行に際してバックアップを取ったり、テスト環境を作ったりと万全の体制でサーバー移行作業を行うので、安心してお任せください。

現在、無料相談・お見積りキャンペーンを実施しているので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

関連記事

f B!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です