WordPressにソーシャルボタンの設置をプラグインなしでお願いします!リニューアルにおすすめなテーマとは?

WordPressの記事へソーシャルボタンの設定をお願いします

ソーシャルボタン

今回ご紹介する事例のお問い合わせ内容は、下記の通りです。

お問合せ内容

I様(飲食業)

現在運営している個人ブログをWordPressでリニューアルしたいと思います。

依頼内容は、以下の通りです。

・新記事をすぐに投稿できる状態にWordPressを設定
・ソーシャルボタンの設置
・移行するのは指定したコンテンツのみ
(現在、選別中です。決まり次第連絡します。)
・プラグインのインストールは必要最低限

レンタルサーバーとWordPressテーマがまだ決まっていませんので、一度打ち合わせをさせてください。

よろしくお願い致します。

テレコム東京の対応

対応

ソーシャルボタンとは、ブログなどのサイトから、SNS(ソーシャルネットワークサービス)へ情報を拡散するために設置されたボタンのことです。

ソーシャルボタンは主に、Twitter の「ツイート」ボタン、Facebook「シェア」ボタンなどがあります。

ソーシャルボタンを設置して、ブログとSNSを連携させることで、情報の拡散効果だけではなく、リピーターを増やすことが出来ると言われています。

お客様のサイト状況は以下の通りでした。

  • ブログはライブドアブログで運営中
  • 独自ドメインを使用

WordPressへのプラグインの導入は必要最低限にしてほしい、とのご要望もあり、今回は、ソーシャルボタンが実装されているテーマ「STORK19(ストーク19)」をご提案させていただきました。

「STORK19」は、有料テーマですが、初心者の方でも使いやすく、スマホからのアクセスを優先してくれるモバイルファーストです。

また、「STORK19」は、ヘッダーアイキャッチに動画を設定できることから、今までのブログの印象を変えたい方にはおすすめです。

以上の点を踏まえて、弊社では、下記のような対応をさせていただきました。

実際の対応

WordPressを設置するためのサーバーを、お客様側でご契約していただく必要があるため、弊社から最適なサーバープランをご提案しました。

ご提案したサーバープランを気に入っていただけたため、お客様に契約を進めていただきました。

続いて、事前にお客様からお聞きした情報は以下の通りです。

必要な情報

  • ライブドアブログのログイン情報
  • レンタルサーバーのログイン情報
  • ドメイン情報

続いて、下記の作業内容でお客様のご要望を実現しました。

作業内容

    1. レンタルサーバーの初期設定
    2. WordPressのインストール・初期設定
    3. ライブドアブログから記事データをエクスポート
    4. ツールを用いて画像データをエクスポート・整理
    5. 画像データ・記事データをWordPressにインポート
    6. 内部リンクの修正
    7. プラグインをインストール
      (※今回はプラグインを2つ導入しました)
    8. サイトデザインなどの調整
      (※ソーシャルボタンを表示設定しました)
    9. リダイレクト設定
      (※40記事をリダイレクトしました)
    10. DNSサーバー切り替え
    11. 最終確認を行い、作業完了
    12. 30日間の無料保証サポート

無料ブログからWordPressに移行する際に気を付けるポイントは重複ページの存在です。

重複ページとは

重複ページは、「重複コンテンツ」とも呼ばれ、URLは違うものの、他のページと内容が似ているページのことです。

今回の場合、移行後にライブドアブログ内の記事を公開したままにしておくと、ネット上に重複ページが存在する状況を作ってしまいます。

グーグルに重複ページと認識されると、低評価を受ける可能性があるほか、ペナルティの対象になるリスクがあります。

このようなリスクを避けるためにも、以下のいずれかの作業を行いましょう。

  • WordPressで記事公開前にライブドアブログを閉鎖、または、既存記事の全削除
  • リダイレクト設定を行う

今回はアクセスの多い40記事のみをリダイレクト設定しました。

そして、WordPressを公開してから一か月後にライブドアブログを閉鎖しました。

スポンサーリンク

このケースの見積もり金額

お見積もり

今回ご紹介したケースの場合、弊社では9万円(税別)にて対応いたしました。

業者によって設定されている価格が異なり、同じ作業内容であっても高額な見積もりを出される場合もありますので、依頼先を検討する際には必ず他社見積りを取りましょう

今回ご紹介したようなケース以外にもホームページのことでお困りの場合は、お気軽に弊社までお問い合わせください

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

下記の画像をクリックしていただくと、無料診断フォームに遷移します。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信中


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です