WordPressをSSL化したらログインできない状態になった!失敗した原因が分からないので復旧作業をお願いします

WordPressをSSL化したらログインできない状態に!さくらを利用中です

ログインができない

今回ご紹介する事例のお問い合わせ内容は、下記の通りです。

お問合せ内容

S様(飲食業)

WordPressで運用しているブログのSSL化を自分で設定した結果、ページと管理画面が表示されなくなってしまいましたので、復旧作業をお願いします。

レンタルサーバーはさくらのレンタルサーバを利用しています。

※「.htaccess」にリダイレクトのコードを追記したので、コードが間違っていることが原因かもしれません。コードに間違いがないか、こちらの確認も合わせてお願い致します。

テレコム東京の対応

対応

サイトをSSL化するには、サイト全体を「http」から「https」に切り替える作業を行います。

SSL化の作業手順をざっくり説明しますと以下の通りになります。

    1. サーバーのSSL設定
    2. WordPressのSSL設定
    3. 「http」から「https」へリダイレクト設定

サーバーでSSL設定すると、反映するまでに時間がかかります。

SSL化する際は、必ずサーバーのSSL設定が完了していることを確認してから、WordPressの設定作業を行いましょう。

続いて、お客様のサイトの状況は以下の通りでした。

  • サーバーはさくらインターネットを利用
  • 独自ドメインを使用
  • SSLはさくらの無料SSL(Let’s Encrypt)を設定

さくらレンタルサーバの場合、無料SSL証明書の発行は数十分~数時間で完了します。

お客様からお話をお伺いしますと、無料SSL証明書の発行完了を待たずに、WordPressのSSL設定に進んでしまったようです。

つまり、管理画面にログインできない、サイトが表示されない状態に陥ったのは、サーバーのSSL化が完了されていない状態で、WordPressのSSL設定、内部リンクの置換設定、「http」から「https」へリダイレクトを設定したことが原因でした。

以上の点を踏まえて、弊社では、下記のような対応をさせていただきました。

実際の対応

事前にお客様からお聞きした情報は以下の通りです。

必要な情報

  • WordPressログイン情報
  • レンタルサーバーログイン情報
  • ドメイン情報

WordPressなどのバージョンを確認したうえで、下記の作業内容により、お客様のご要望を実現することができました。

作業内容

    1. サイト内調査
    2. バックアップをとる
    3. リダイレクト設定を解除する
    4. FTPソフトでデータベースにアクセスし「wp-config.php」のアカウント情報を確認
    5. サーバーパネルにログインし、データベース「phpMyadmin」にログイン
    6. 該当するデータベースを編集
      (「https」から始まるURLを「http」へ設定しました)
    7. さくらのレンタルサーバのSSL設定
      (無料SSL証明書の発行完了を確認しました)
    8. WordPressのSSL設定
      (URLを「https」に再度変更しました)
    9. 「.htaccess」でリダイレクト設定
    10. 最終確認を行い、作業完了
    11. 30日間の無料保証サポート

お客様は、「.htaccess」ファイルにリダイレクトのコードを追記したとのことですが、記述には問題ありませんでした。

今回は、SSL化の作業中にお客様が設定した内容を確認するために、サイトのデータベース「phpMyadmin」にアクセスし、修正箇所を特定しました。

修正箇所は、「wp-options」テーブル内の「siteurl」 と「home」で、「https」から「http」へ修正し、サイトを元に戻すことで、ページの表示とWordPressの管理画面にログインできるようにしました。

そして、さくらのレンタルサーバのSSL設定、WordPressのSSL設定、リダイレクトの設定を行い作業完了としました。

スポンサーリンク

このケースの見積もり金額

見積り

今回ご紹介したケースの場合、弊社では7万円(税別)にて対応いたしました。

業者によって設定されている価格が異なり、同じ作業内容であっても高額な見積もりを出される場合もありますので、依頼先を検討する際には必ず他社見積りを取りましょう

今回ご紹介したようなケース以外にもホームページのことでお困りの場合は、お気軽に弊社までお問い合わせください

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

下記の画像をクリックしていただくと、無料診断フォームに遷移します。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信中


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です