ドメイン取得費用を徹底比較!主要5社のサービスやドメイン取得時の注意点、選び方まとめ

ドメイン取得費用を徹底比較!どこの業者で取得するか迷っている方必見です

PC

独自ドメインを取得したいけど、どこのドメイン取得サービスを選ぶか迷ったり、そもそも数多くあるドメインの種類から、どのドメインを選べばいいのかわからなかったり…なんてことも多いです。

各ドメイン販売サイトによっては、同じドメインの種類でも設定されている価格が全然違ったりするので、ドメインを取得する際には、複数業者を比較検討することが重要です。

本記事では、ドメインの選び方や取得時の注意点をご紹介すると共に、主要なドメイン取得サービス5社を徹底比較していきます。

今回ご紹介するドメイン取得サービス5社は、下記の通りです。

どこの業者でドメインを取得しようか悩んでいる方などは、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

ドメインの選び方

PC

独自ドメインを取得する際には、ホームページを象徴するドメイン名を決めると共に、ドメインの末尾にある「.com」や「.jp」などのトップレベルドメイン(TLD)の種類も決めなければなりません。

トップレベルドメインには、有名なものからあまり知られていないものまで含めると、数え切れないほど多くの種類が存在します。

それぞれのトップレベルドメインには用途や意味がありますが、現在は用途に関係なく、一般的なドメインとして広く利用されやすくなってきています。

代表的なトップレベルドメインを例に挙げると、下記のようなものがあります。

トップレベルドメイン 用途・意味
.jp 日本
.tokyo 東京
.com 商用サービス
.net ネットワーク
.info 情報サービス
.mobi モバイルサイト
.shop ネットショップ

さまざまな種類のドメインがありますが、ビジネス用ホームページであれば、やはり一般的には「.com」や「.net」、「.jp」などのドメインが使用されることが多く、ユーザー側も違和感を覚えにくいです。

よほどのこだわりがなければ、上記のような一般的なドメインを選ぶのが無難でしょう。

トップレベルドメイン以外のドメイン名に関しては、会社名やサービス名と同じものにするなど、覚えやすい、かつ、わかりやすいドメインにすることが重要です。

ドメイン名は、ホームページの印象や認知度を左右する大切な要素でもあるので、会社名やサービス名と同じもの、短くシンプルなものにしましょう。

他には、キーボードでURLのスペルを打った時などに間違えにくいドメインだと、より一層わかりやすくなるでしょう。

ドメイン名を選ぶ時のポイント

  • 会社名やサービス名と同じドメイン名にする
  • わかりやすく、覚えやすいものにする
  • 短くシンプルなものにする
  • スペル間違いが起こりにくいものにする

ドメイン取得時の注意点

PC

ドメインを取得する際には、いくつかの注意点があります。

  • 登録料金や更新料金
  • 取得できるドメインの種類
  • Whois情報公開代行の対応
  • サービスの信頼性、サポート体制の充実度
  • ドメイン移管の対応

上記の各項目について、下記にて詳しく解説していきます。

登録料金や更新料金

独自ドメインを取得・運用していく際には、登録料金や更新料金を支払う必要があり、だいたい1ドメインあたり年間1,000円~2,500円程度になるケースが多いです。

登録料金は、ドメインの新規登録時にかかる料金で、更新料金は、登録済みドメインの契約更新時にかかる料金で、基本的に1年単位で更新料金を支払わなければなりません。

ドメイン取得時の注意点としては、登録料金だけではなく、2年目以降に支払う更新料金の価格も含めてドメインを選ぶことが重要です。

というのも、「.com」や「.jp」などのトップレベルドメインの種類によって価格に大きな差があるとともに、登録料金は安く設定されていても、更新料金は登録料金よりも高く設定されているケースがほとんどです。

ドメイン販売サイトの中にはキャンペーンを実施していて、登録料金の値段が通常よりも割引されていたり、提携サーバーと同時に契約するとオリジナルドメインが無料で1つもらえたりする場合も多いですが、そのような場合でも事前に更新料金までしっかりと確認しましょう。

取得できるドメインの種類

トップレベルドメインの種類によっては、取得できる対象組織が限定されているドメインがあります

下記は、取得できる対象組織が限定されているドメインの種類例です。

ドメイン 対象組織
co.jp 日本国内で登記を行っている法人
ed.jp 初等中等教育機関や18歳未満が対象の教育機関
ac.jp 高等教育機関や学校法人など
or.jp 財団法人・社団法人・医療法人・監査法人・宗教法人・特定非営利活動法人・農業協同組合など

上記のようなドメインは、該当する組織でない限り取得することができないので、注意が必要です。

Whois情報公開代行の対応

ドメインを取得すると、登録者情報としてWhois情報が一般公開されるようになります。

Whois(フーイズ)とは、ドメイン保持者の氏名や住所、電話番号などの個人情報を誰でも見ることができる情報提供サービスです。

自分の登録者情報である個人情報が一般公開されるなんて、かなり困ってしまいますよね。

そんな場合に「Whois情報公開代行」といって、自分の登録者情報をドメイン販売業者の情報に代えた上で一般公開してくれるサービスが役立ちます。

Whois情報公開代行を利用することによって、ドメイン保持者のプライバシーが守られ、安心してホームページを運営することができます

このWhois情報公開代行サービスは、ドメイン販売サイトによって無料の場合と有料の場合があり、さらに、トップレベルドメインの種類によってWhois情報公開代行に対応しているものと非対応のものがあります。

自分が取得したいドメインがWhois情報公開代行に対応しているかどうかや、費用についても事前にしっかりと確認しましょう。

サービスの信頼性、サポート体制の充実度

ドメインを取得する際には、ドメイン販売サービスの運営元がしっかりとした基盤があって信頼できる企業かどうかや、サポート体制がどれくらい充実しているかという点のチェックも大切です。

ドメイン販売サービスの提供業者は数多くありますが、有名な業者の公式サイトには、ドメイン申込み総数や登録実績などが記載されているところもあるので、信頼できるかどうかを判断する一つの指標になるでしょう。

サポート体制がしっかりと整っているかどうかという点については、何かトラブルや質問したいことが発生した場合の問い合わせ方法がどの手段になるのかを確認しておくと、後々困らなくて済むでしょう。

業者によっては、24時間年中無休で電話問い合わせとメール問い合わせができるところがあったり、はたまたメール問い合わせしか対応していないところがあったりと、業者ごとに用意している問い合わせ方法はさまざまです。

何かトラブルがあった時には、なるべく早く解決できることが一番ですので、あらかじめ問い合わせ手段に何があるのかを把握しておくことをおすすめします。

ドメイン移管の対応

ドメイン移管をしたい場合について、ドメイン販売サービスやドメインの種類によっては、他社からのドメイン移管を受け付けていないというケースも中にはあります。

ドメイン移管とは、契約しているドメイン管理会社を変更することです。

ドメイン移管を検討中の方は、事前にドメイン販売サービスの公式ホームページで、他社からのドメイン移管に対応しているかどうかを確認しておきましょう。

スポンサーリンク

おすすめのドメイン取得サービス5選

PC

ここからは、人気ドメイン取得サービス5社についてご紹介していきます。

お名前.com

お名前ドットコム
(参照:ドメイン取るならお名前.com|ドメイン取得は最安値1円~

お名前.comは、ドメイン累計登録実績2,200万件突破(※2020年2月中旬時点)の国内最大手のドメイン登録サービスです。

運営元は東証1部上場企業のGMOインターネット株式会社で、お名前.comは20年以上の運用実績があり、日本に7社しか認められていないICANN公認レジストラの1社です。(※レジストラとは、ドメインを登録する事業者のことです。)

お名前.comでは、550種類以上のドメインの取り扱いがあり、豊富な種類の中から好きなドメインを取得することができます。

また、電話やメールサポートが充実しており、365日24時間の監視システムが整っている国内有数のデータセンターにてサーバーの設置・運用がされているので安心です。

メリット

  • ドメインの料金が比較的安め
  • 550種類以上のドメインから選べる
  • 電話やメールサポートがある
デメリット

  • Whois情報公開代行が有料(※1ドメインあたり税抜980円/年)

代表的なドメインの料金(※2020年2月18日時点。表示価格は1年あたりの税抜価格です。)

ドメイン 登録料金 更新料金
.com 770円 1,280円
.net 799円 1,480円
.jp 2,580円 2,840円
.org 1,360円 1,480円
.info 260円 1,480円

ムームードメイン

ムームードメイン
(参照:ムームードメイン | 欲しいドメインがすぐ見つかる。

ムームードメインは、前項でご紹介したお名前.comと同じ運営元GMOグループのGMOペパボ株式会社という企業が運営しているサービスです。

10年以上の実績があるムームードメインのドメイン申込み総数は400万件を突破していて、取り扱いドメイン数は400種類以上となっています。

メリット

  • 取り扱いドメイン数が400種類以上
  • 取得したドメインですぐにホームページやメールアドレスを作れるサービスがある
デメリット

  • メールサポートのみで電話サポートがない

代表的なドメインの料金(※2020年2月18日時点。表示価格は1年あたりの税抜価格です。)

ドメイン 登録料金 更新料金
.com 1,160円 1,480円
.net 799円 1,480円
.jp 2,200円 3,040円
.org 1,199円 1,680円
.info 499円 1,680円

スタードメイン

スタードメイン
(参照:スタードメイン – 格安ドメイン取得 30円~(税抜) 無料レンタルサーバー付き!

スタードメインは、ネットオウル株式会社という企業が運営しているサービスで、ドメイン申込み総数は60万件を突破しています。

スタードメインは、年額30円(税抜)~という格安料金でドメインが販売されていて、スタードメインでドメインを取得すると、無料のレンタルサーバーを利用することができます

ドメインの契約で利用できる無料レンタルサーバーでは、人気のWordPress(ワードプレス)の利用ができる他、独自SSL機能も無料で利用できます。(※SSLとは、通信を暗号化することでセキュリティ強化できる機能。)

スタードメインの無料レンタルサーバーのスペック詳細は、こちらをご覧ください。

メリット

  • ドメインの契約で無料レンタルサーバーが利用可能
  • 上記の無料レンタルサーバーではWordPressも利用可能
  • Whois情報公開代行が無料で利用可能
デメリット

  • 取り扱っているドメイン数が、他社と比較してかなり少ない
  • メールサポートのみで電話サポートがない

代表的なドメインの料金(※2020年2月18日時点。表示価格は1年あたりの税抜価格です。)

ドメイン 登録料金 更新料金
.com 880円 1,180円
.net 1,180円 1,380円
(ローマ字).jp 2,360円 2,360円
.org 1,380円 1,380円
.info 380円 1,480円

VALUE-DOMAIN(バリュードメイン)

バリュードメイン
(参照:ドメイン取得&レンタルサーバー VALUE-DOMAIN

バリュードメインとは、GMOグループのGMOデジロック株式会社という企業が運営しているドメイン総合サービスです。

バリュードメインには500種類以上のドメインの取り扱いがあり、ドメインを多く申込みたい場合は「まとめ買い割引」があってお得です。

また、初心者の方でわからないことだらけという場合には、ブログを簡単に運用できる「おまかせスタート」というサービスがあり、ドメインの取得やレンタルサーバーの購入、WordPressインストール、メール設定、SSL設定、DNS設定など初心者の方には難しい初期設定も丸ごと任せられます。

メリット

  • 取り扱いドメイン数が500種類以上
  • ドメインを多く申込みたい場合「まとめ買い割引」がある
  • 初心者用の「おまかせスタート」がある
  • バリュードメインの登録方法からレンタルサーバーの使い方まで、わかりやすい動画マニュアルがある
デメリット

  • 電話サポートが予約制で、利用できるユーザーに指定がある
    (※コアサーバー「CORE-B」「CORE-C」プラン・バリューサーバー「ビジネス」プランを利用中のユーザーのみ利用可能)

代表的なドメインの料金(※2020年2月18日時点。表示価格は1年あたりの税抜価格です。)

ドメイン 登録料金 更新料金
.com 1,280円 1,280円
.net 1,480円 1,480円
(ローマ字).jp 2,840円 2,840円
.org 1,480円 1,480円
.info 1,480円 1,480円

ゴンベエドメイン

ゴンベエドメイン
(参照:海外ドメイン取得、コンサルティングならGonbei Domain(ゴンベエドメイン)

ゴンベエドメインとは、株式会社インターリンクという企業が運営しているICANN公認レジストラです。

取り扱いドメイン数は、なんと1,000種類以上とかなり多いのが特徴で、他社では取り扱いがないような海外ドメインや特殊ドメイン、高額ドメインなど世界中の特別なドメインが用意されています。

今後、海外進出を考えている企業などは、ゴンベエドメインをチェックしておくといいでしょう。

メリット

  • 取り扱いドメイン数が1,000種類以上
  • 海外ドメインが豊富
デメリット

  • Whois情報代行サービスが有料(税込1,100円)
  • 電話サポートがない

代表的なドメインの料金(※2020年2月18日時点。表示価格は1年あたりの税込価格です。)

ドメイン 登録料金 更新料金
.com 1,408円 1,408円
.net 1,628円 1,628円
.jp 3,124円 3,124円
.org 1,738円 1,738円
.info 1,958円 1,958円

ドメイン取得サービス比較表まとめ

PC

上記でご紹介したおすすめドメイン取得サービス5社の比較表は、下記の通りです。

※下記の比較表は全て2020年2月18日時点の情報です。

また、表示価格は1年あたりの税抜価格で、ゴンベエドメインのみ税込の公表価格を税抜で再計算しています。

主要ドメイン取得サービス5社の「.com」「.net」の取得費用・更新費用

ドメイン取得サービス .com取得費用 .com更新費用 .net取得費用 .net更新費用
お名前.com 770円 1,280円 799円 1,480円
ムームードメイン 1,160円 1,480円 799円 1,480円
スタードメイン 880円 1,180円 1,180円 1,380円
バリュードメイン 1,280円 1,280円 1,480円 1,480円
ゴンベエドメイン 1,280円 1,280円 1,480‬円 1,480‬円

主要ドメイン取得サービス5社の「.jp」「.org」の取得費用・更新費用

ドメイン取得サービス .jp取得費用 .jp更新費用 .org取得費用 .org更新費用
お名前.com 2,580円 2,840円 1,360円 1,480円
ムームードメイン 2,200円 3,040円 1,199円 1,680円
スタードメイン 2,360円 2,360円 1,380円 1,380円
バリュードメイン 2,840円 2,840円 1,480円 1,480円
ゴンベエドメイン 2,840円 2,840円 1,580‬円 1,580‬円

主要ドメイン取得サービス5社の「.info」の取得費用・更新費用

ドメイン取得サービス .info取得費用 .info更新費用
お名前.com 260円 1,480円
ムームードメイン 499円 1,680円
スタードメイン 380円 1,480円
バリュードメイン 1,480円 1,480円
ゴンベエドメイン 1,780円 1,780円
スポンサーリンク

ホームページ制作でお悩みの場合は、弊社にご相談ください

メール

独自ドメインは、会社やサービスの信頼性をアピールするのに欠かせない重要な要素です。

今回は、ドメイン名の選び方や注意点の他、主要なドメイン販売サイトを比較した結果をまとめてお伝えしましたが、「ホームページを作りたいけど、よくわからないから丸ごとお願いしたい」「専門的で難しいから、代行してほしい」などの場合には、弊社にお問い合わせください

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

下記の画像をクリックしていただくと、無料診断フォームに遷移します。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信中


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です