Apache2.4でSSLのポート番号を変更する方法を徹底解説!444番ポートに設定する方法

Apache2.4でSSLのポート番号を変更する方法を徹底解説

PC

通常、SSL通信では、HTTPSプロトコルにあたる443番ポートが利用されますね。

今回は、既に443ポートで設定しているマルチドメインを、444ポートに変更したい場合を例にして、実際に行う設定手順を解説していきます。

実際に行う設定では、世界中で幅広く使われているWEBサーバーソフトウェアの「Apache HTTP Server(アパッチ エイチティーティーピー サーバ)」を利用します。

スポンサーリンク

Apache2.4でSSLポート番号を444番ポートに変更する方法

PC

今回はApache2.4で、無料SSLのLet’s Encrypt(レッツ・エンクリプト)を利用している場合を例にして、SSLポートの変更設定方法を解説していきます。

Apacheのバージョンによってやり方が変わってきますので、Apache2.4ではないバージョンをお使いの方でやり方がわからないなどの場合は、個別弊社に相談していただければと思います。

それでは、実際の変更手順をご説明していきますね。

①httpd.confファイルに追加記述

まず始めに、httpd.confファイルを開いて、下記の記述を追加します。

上記の「#追加」は、あとから見たときにわかりやすいよう、コメントアウトで記述しているだけなので、記述しなくても大丈夫です。

②新規の.confファイルを作成

httpd.confファイルへの記述が完了したら、新規の.confファイルを作成します。

その際、名前は任意のもので大丈夫ですが、ここでは「virtualhost.conf」にします。

virtualhost.confファイルに、下記の内容を記述しましょう。

上記記述の末尾3行の、

SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/live/example.com/cert.pem
SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/example.com/privkey.pem
SSLCertificateChainFile /etc/letsencrypt/live/example.com/chain.pem

に関しては、etcのletsencrypt内にSSL証明書があることが前提となっています。

③Apache2.4を再起動

上記でご説明したvirtualhost.confファイルの設定が完了したら、Apache2.4の再起動をかけます。

Apache2.4を再起動させるために、下記の確認コマンドを記述します。

上記コマンドを実行し、「Syntax OK」と表示されれば設定ファイルに異常なしの状態です。

ここで「Syntax OK」と表示されない場合、設定ファイルに異常がある状態ですので、ファイル内の記述を見直しましょう。

無事に「Syntax OK」と表示されたら、下記のApache2.4の再起動コマンドを実行し、設定完了です。

Apache2.4の再起動中は、一時的にサイトが見られなくなるため、注意しましょう。
スポンサーリンク

サイトのSSL化でお困りの場合は、弊社にお任せください

メール

今回は、Apache2.4でSSLのポート番号を変更する方法についてご紹介しました。

サイトのSSL化に関してお困りのサイト運営者の方などは、弊社のSSL化代行サービスがおすすめです。

今なら、無料相談キャンペーンを実施しております。

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です