Google Search Consoleにソフト404エラーが表示された!SEOの影響が気になるので対処お願いします

Search Consoleにソフト404エラーが表示されているので対処お願いします

ソフト404エラー

今回ご紹介する事例のお問い合わせ内容は、下記の通りです。

お問合せ内容

O様(小売業)

Search Consoleに「ソフト404エラー」というエラーが表示されています。

しばらく放っていたのですが、SEOへの影響が気になりますので対処お願いします。

テレコム東京の対応

対応

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」は、サイトの分析や評価確認ができるGoogleの無料ツールです。

Google Search Consoleのインデックスカバレッジレポートで「ソフト404」という、エラーを示すステータスコードが表示されることがあります。

「ソフト404エラー」とは、該当URLにページがない(ページが存在しない)状態にもかかわらず、サーバーが返すステータスコードが「404(Not Found)」ではなく、「200(OK)」のステータスを返していることを示すエラーコードです。

ステータスコードはサーバーからの応答のことで、システムの処理状況や状態を三桁の数字で表したものです。

ステータスコード「404」と「200」の内容は以下の通りです。

  • 404:該当URLのページがなく、Googleの評価対象にならないコード
  • 200:サーバーへのリクエストが正しく処理されていることを示すコード

つまり、「ソフト404エラー」は、本来ならば「404」のコードで返すべきところを、サーバー側が「200」のコードで返しているという、不一致が生じている状態なのです。

「ソフト404エラー」のページは、コンテンツがないページであるのに、検索エンジンのクローラーにインデックスされるので、無駄なクロールが増え、評価されたいページへのクロールが遅くなり、SEOに悪影響を与えてしまう可能性があります。

なので、実際に「ソフト404エラー」が起きているページを確認して、コンテンツがないようなら「404」のコードで返して、ページをインデックスしないよう検索エンジンに伝える設定をしなければなりません。

以上の点を踏まえて、弊社では、下記のような対応をさせていただきました。

実際の対応

事前にお客様からお聞きした情報は以下の通りです。

必要な情報

  • WordPressのログイン情報
  • Google Search Consoleのログイン情報

続いて、下記の作業内容によりお客様のご要望を実現することができました。

作業内容

    1. サイト内調査とお打ち合わせ
    2. Google Search Consoleで検出されたエラーページを確認
      (エラー対象は5ページありました。)
    3. 該当のURLを404エラーで返すように設定
      (header.phpにコードを記述しました。)
    4. WordPressテンプレートを編集
      (「404.php」ファイルをカスタマイズしました)
    5. 全体の動作確認と最終確認を行い作業完了
    6. 30日間の無料保証サポート

「ソフト404エラー」の通知が表示されているページを確認しますと、コンテンツがなかったり、真っ白に表示されるページでした。

「ソフト404エラー」が生じている該当ページに「404」を返すために、「header.php」にコードを記述しました。

また、サイトユーザーの離脱を防ぎ、お客様のサイトの印象を良くするために、WordPressテーマのデフォルトで搭載されている「404エラーページ」のカスタマイズをアドバイスさせていただきました。

お打ち合わせの結果、今回はお客様側でオリジナルの「404エラーページ」を作成していただき、404エラーが起こった際はオリジナルの「404エラーページ」が表示されるように、WordPressのテンプレート「404.php」を編集しました。

サイト訪問者に対してページが存在しないことを告知しつつ、「404ページ」が検索エンジンにインデックスされないようにカスタマイズし、作業完了としました。

スポンサーリンク

このケースの見積もり金額

見積もり

今回ご紹介したケースの場合、弊社では2万円(税別)にて対応いたしました。

業者によって設定されている価格が異なり、同じ作業内容であっても高額な見積もりを出される場合もありますので、依頼先を検討する際には必ず他社見積りを取りましょう

今回ご紹介したようなケース以外にもホームページのことでお困りの場合は、お気軽に弊社までお問い合わせください

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

下記の画像をクリックしていただくと、無料診断フォームに遷移します。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信中


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です