アルファメールのドメイン移管とサーバーを移行したい!SSL化とWordPressのアップデートもお願いします

アルファメールのドメイン移管とサーバー移行をお願いします

ドメイン移管

今回ご紹介する事例のお問い合わせ内容は、下記の通りです。

お問合せ内容

A様(サービス業)

大塚商会のレンタルサーバ、アルファメールを利用しています。

サーバ環境の提供が終了するとの連絡がきたので、この機会に無料SSLが利用できる「さくらのレンタルサーバ」へドメインごと引っ越ししたいと思います。

また、サイトのSSL化とWordPressのアップデートも同時にお願いします。

専門知識がないため、何から手を付けていいのかわかりません。

引っ越しが完了するまで、サポートのほどよろしくお願いします。

テレコム東京の対応

対応

お客様の状況は以下の通りでした。

  • サーバープランはアルファメール プレミア
  • 独自ドメインを使用
  • ホームページはWordPressで運営
  • メールアカウント数は7個

アルファメール プレミア」は、サーバーだけではなく、ドメインもセットになっているプランなので、ドメインとサーバーの両方を移行しなくてはなりません。

なので、移行作業に入る前にドメインの移管申請、新サーバーの契約、アルファメールの解約手続きを行う必要があります。

以上の点を踏まえて、弊社では、下記のような対応をさせていただきました。

実際の対応

お客様とお打ち合わせをさせていただき、独自ドメインは「お名前ドットコム」、サーバーは「さくらのレンタルサーバ」と契約し、それぞれを別会社で管理することにしました。

お客様にさくらのレンタルサーバの契約をすすめていただき、アルファメールの解約手続きも行っていただきました。

そして、移管するドメインの種類と属性を確認し、お手続きの手順をお伝えしたうえで、お客様にドメイン移管申請の申し込みを行っていただきました。

ドメインの移管申請・承認作業は事業者間で行われますので、こちらで移管作業は行いません。

続いて、お客様から以下の情報をお聞きしました。

必要な情報

  • アルファメールのログイン情報
  • さくらのレンタルサーバのログイン情報
  • お名前.comのログイン情報
  • WordPressののログイン情報

WordPressのバージョンなどを確認させていただき、下記の作業内容でお客様のご要望を実現しました。

作業内容

    1. サイト内調査・お打ち合わせ
    2. さくらのレンタルサーバの設定
      (ドメインの設定を行いました)
    3. サーバー移行作業
      (新サーバーにWordPressデータを移行しました)
    4. 新サーバーでメールアカウント設定
      (メールアドレス7アカウント発行しました)
    5. DNSサーバー設定
      (ネームサーバー情報を変更し、DNSサーバー設定を切り替えました)
    6. SSL設定・WordPressのバージョンアップ
    7. 動作確認と最終確認を行い作業完了
    8. 30日間の無料保証サポート
スポンサーリンク

このケースの見積もり金額

見積もり

今回ご紹介したケースの場合、弊社では16万円(税別)にて対応いたしました。

業者によって設定されている価格が異なり、同じ作業内容であっても高額な見積もりを出される場合もありますので、依頼先を検討する際には必ず他社見積りを取りましょう

今回ご紹介したようなケース以外にもホームページのことでお困りの場合は、お気軽に弊社までお問い合わせください

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

下記の画像をクリックしていただくと、無料診断フォームに遷移します。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信中


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です