WordPressのカスタムテンプレートを作成して固定ページをカスタマイズしたい!デザインを分けてください

WordPressのカスタムテンプレートを作成して固定ページのレイアウトを変えてください

カスタムテンプレート

今回ご紹介する事例のお問い合わせ内容は、下記の通りです。

お問合せ内容

A様(飲食業)

【依頼内容】WordPressのカスタマイズ(固定ページのみ)

固定ページのみ(3ページ)を1カラムレイアウトにして、他のページとのデザインを分けたいと思います。

使用しているテーマは「Twenty Twelve」で、提供素材は画像とテキストです。

デザインは、必要最低限(レイアウトの微調整程度)で大丈夫ですのでよろしくお願いします。

テレコム東京の対応

対応

WordPressにおいて固定ページを表示させるときに使われるのは、デフォルトのテンプレートである「page.php」です。

この「page.php」を読み込んで固定ページを表示させるのですが、「このページはレイアウトを変えたい」「固定ページのデザインを他ページと分けたい」といった場合は、デフォルトではない独自のテンプレートを作成して、新規のphpファイルを読み込ませます。

このデフォルトテンプレートではない独自のテンプレートのことをカスタムテンプレートといいます。

カスタムテンプレートを使うと、固定ページごとにデザインを変更することができるだけではなく、それぞれの固定ページが管理しやすくなるメリットもあります。

お客様にお話をお伺いしますと、カラム数を変更して、他のページと見た目が異なるシンプルなデザインにしたい、とのことでした。

今回は、カスタムテンプレートを作成して、固定ページのヘッダーとサイドバーをなくし、1カラムレイアウトに変更して、他ページとは違うデザインにすることにしました。

以上の点を踏まえて、弊社では、下記のような対応をさせていただきました。

実際の対応

事前にお客様からお聞きした情報は以下の通りです。

必要な情報

  • レンタルサーバーのログイン情報
  • WordPressのログイン情報
  • FTPのログイン情報

続いて、以下の作業内容によりお客様のご要望を実現することができました。

作業内容

    1. サイト内調査・お打ち合わせ
    2. カスタムテンプレートを作成する
      ※新規のphpファイルを作成しました。
    3. カスタムテンプレートのphpファイルにコード記述
      ※カスタムテンプレートの名前を記述しました。
    4. FTPでカスタムテンプレートをアップロード
    5. 正しく読み込まれているか確認
    6. phpファイルにコード記述
      ※ヘッダーとサイドバーなしのコードを記述しました。
    7. CSSでデザインの微調整
    8. 全体の動作確認と最終確認を行い作業完了
    9. 30日間の無料保証サポート

今回は、カラム数を変更し、ヘッダーとサイドバーを非表示にしたカスタムテンプレートを1つ作成しました。

今後は「テンプレート」メニューからカスタムテンプレートを選ぶと、今回のレイアウトで固定ページを投稿することができます。

テキストと画像はお客様側で流し込みをしてもらうことで、見積もり金額をおさえることができました。

スポンサーリンク

このケースの見積もり金額

見積もり

今回ご紹介したケースの場合、弊社では4万円(税別)にて対応いたしました。

業者によって設定されている価格が異なり、同じ作業内容であっても高額な見積もりを出される場合もありますので、依頼先を検討する際には必ず他社見積りを取りましょう

今回ご紹介したようなケース以外にもホームページのことでお困りの場合は、お気軽に弊社までお問い合わせください

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

下記の画像をクリックしていただくと、無料診断フォームに遷移します。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信中


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です