SSL証明書の種類|フィッシング詐欺対策に効果的なSSL証明書の取得やご相談は弊社にお任せください

SSL証明書とは?

SSL証明書

SSL証明書は、「サイト運営者の実在性」を確認し、「データの暗号化」によるサイトの保護を行うための電子証明書です。

SSL証明書は、認証局がサイト運営元を審査し、認証したうえで発行されています。

つまり、SSL証明書を取得し設定することによって、セキュリティの強化とともに、「このサイトは実際に存在する運営者によって運営されていますよ」と、サイトユーザーに対してサイトの信頼性を証明することができるのです。

ECサイトのようなフィッシング詐欺に狙われやすいサイトの場合は、フィッシング詐欺対策に効果的なSSL証明書もありますので、SSL証明書の取得の際は、サイトの目的に合ったSSL証明書を選びましょう。

SSL証明書のご相談・SSL化の設定代行は弊社にお任せください

SSL証明書のご相談

WebサイトのSSL化は、Googleの推奨によりSEO的に有利と言われていますが、近年増加しているフィッシング詐欺サイトの防止にも効果的です。

レンタルサーバーには、無料の独自SSL証明書を提供するサービスがありますが、サイトの内容によっては、無料のSSL証明書ではなく、有料のSSL証明書を取得したほうがいい場合もあります。

SSL証明書の選択についてお悩みでしたら、お客様のサイトに最適なSSL証明書をご提案させていただきます。

もちろん、サイトのSSL化の設定代行も行っていますので、まずは、無料診断フォームよりご連絡ください。

SSL化以外にも、ホームページのことでお困りのことがありましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください

下記の画像をクリックしていただくと、無料診断フォームに遷移します。

スポンサーリンク

SSL証明書の種類と違いについて

種類と違い

SSL証明書は大きく分けて「保護できるドメインとサブドメインの数」と「証明書の認証レベル」の2つあります。

SSL証明書の種類【種類別】

シングルSSL証明書

シングル証明書は、一般的なSSL証明書で、1つのドメイン(コモンネーム)のページを保護することができる証明書です。

ワイルドカードSSL証明書

ワイルドカード証明書は、同じサブドメイン階層であれば1つの証明書で、同じドメインで複数のサブドメインからなるサイトを保護することができる証明書です。

1つのSSL証明書で、複数のサブドメインをまとめてSSL化することができますので、1台のサーバーでサブドメインからなる複数のサイトを運営している場合に適しています。

マルチドメインSSL証明書

マルチドメイン証明書は、1つの証明書で複数の異なるドメインを保護することができる証明書です。

1台のサーバーにおいて、複数のドメインで複数のサイトを運用している場合に適しています。

SSL証明書の種類【認証レベル別】

SSL証明書は、認証局がサイト運営者を確認する内容によって、3つにレベル分けされています。

これらは、認証レベル、つまりサイト運営者の信頼性を証明するレベルの違いですので、セキュリティの強度は変わりません。

なので、サイトの内容・目的によって選びましょう。

ドメイン認証(DV)型SSL証明書

ドメイン認証型は、証明書の申請者と、証明書に記載のあるドメインの所有者が一致していることを確認して発行されるSSL証明書です。

ドメインの使用権を所有していることを証明するために利用されます。

年間費用が安く、手軽に導入できるメリットがあります。

企業実在認証(OV)型SSL証明書

企業実在認証型は、証明書にサイトの運営組織が法的に実在し、その運営組織が証明書に記載されるドメインの所有者であることを確認して発行されるSSL証明書です。

年間費用が高く、法人のみ取得することができます。

ドメイン認証型よりも信頼性が高く、フィッシング詐欺対策になるため、会員情報を保管するSNSや会員制サイトなどの場合に利用されます。

EV認証(EV)型SSL証明書

EV認証型は、厳格な審査を経て証明書が発行されていることから、3種類のなかで最も認証レベルが高く、信頼性の高い証明書です。

フィッシング詐欺対策には効果的なSSL証明書となるため、ECサイト、公的機関、金融機関、大企業のサイトなどに利用されます。


業者によって設定されている価格が異なり、同じ作業内容であっても高額な見積もりを出される場合もありますので、依頼先を検討する際には必ず他社見積りを取りましょう。

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

下記の画像をクリックしていただくと、無料診断フォームに遷移します。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信中


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。