ホームページのセキュリティ対策のチェックポイントは?WordPressサイトの脆弱性診断はおまかせください

ホームページのセキュリティ対策のチェックポイントとは?

セキュリティ対策

Webサイトの運営において、セキュリティ対策は重要です。

セキュリティリスクの中で多いのが「不正アクセス」と言われています。

セキュリティを強化するWeb改ざん検知サービスSSL(Secure Sockets Layer)の普及が進んでいるとはいえ、不正アクセスは年々巧妙化されていて、被害が後を絶たない状況です。

特にECサイトにおいては、不正アクセスにより顧客情報が流出してしまうと、今後の経営に大きな影響が出てしまいます。

ホームページの不正アクセス対策においてチェックすべきポイントは以下の通りです。

  • アカウント情報とパスワードの適切な管理
  • ソフトウェアのアップデート
  • ウイルス対策ソフトの導入
  • ファイアウォールの設置

現在、ホームページの作成ツールとして多くの方がWordPressを使っていますが、WordPressサイトについても、不正アクセスによる被害に注意が必要です。

WordPressが不正アクセスを受ける原因とは

WordPressは、一般に公開されたオープンソース型ソフトウェアです。

無料で誰でも使うことができるうえ、機能を拡張したり、カスタマイズすることができるテーマプラグインが充実しているので、世界中にWordPressユーザーがいます。

このように、ユーザーが多いことと、オープンソースであるがゆえに脆弱性を見つけられやすいという理由から、WordPressは不正アクセスによる攻撃を受けやすい、と言えます。

とはいえ、WordPressはセキュリティ対策を適切に行っていれば、高額な費用をかけることなく、セキュリティリスクの回避を講じることができます。

WordPressのセキュリティ対策を強化するには?

セキュリティ対策を適切に行っていれば、WordPressサイトを守ることができます。

WordPressのセキュリティを強化する基本的な対策は、以下の通りです。

  • WordPress本体やプラグインなどのバージョンアップ
  • WordPressの定期的なバックアップ
  • 二段階認証などを使ったパスワードの管理
  • セキュリティ用プラグインの導入
  • WAFの導入

WAFとは、「Web Application Firewall」の略で、脆弱性を狙った攻撃からWebサイトを守るソフトウェアのことです。

WordPressの本体、プラグイン、テーマなどは、常に最新のバージョンに更新して使用しましょう。

そして、不正アクセスのリスクを低くするために、使用していないプラグインやテーマの無効化、または削除をしておきましょう。

弊社では、WordPressサイトの脆弱性診断を行っていますので、セキュリティに関して不安がある方はぜひご依頼ください。

スポンサーリンク

WordPressサイトの脆弱性の診断は弊社にお任せください

脆弱性診断

弊社では、お客様のホームページに潜むセキュリティリスクを診断する脆弱性診断サービスを行っています。

サイトがWordPressの場合、ログインするIDパスワードをチェックし、外部から閲覧できるようになってないか、サーバー上にあるファイルの書き込み権限であるパーミッションを確認します。

もっと詳しくセキュリティリスクを確認したい場合は、プラグインでセキュリティの脆弱性がないか確認できるツールを導入して問題点を探ることもできます。

業者によって設定されている価格が異なり、同じ作業内容であっても高額な見積もりを出される場合もありますので、依頼先を検討する際には必ず他社見積りを取りましょう

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

下記の画像をクリックしていただくと、無料診断フォームに遷移します。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信中


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。