WordPressの更新代行サービス|PHPバージョンアップでエラーが発生する原因とは?

WordPressのPHPをバージョンアップする際にエラーが発生することがある

PHPエラー

WordPressのPHPをバージョンアップすると、画面が真っ白になり、管理画面に入れなくなったり、レイアウトが崩れるといった不具合が生じることがあります。

使用しているWordPressテーマやプラグインがエラーを引き起こす原因となっているケースが多いのでご紹介したいと思います。

PHPバージョンアップでエラーが発生する原因とは?

PHPのバージョンアップでエラーが発生した場合に考えられる原因は様々ありますが、よくある原因として挙げられるのは以下の3つです。

  • WordPressのバージョン
  • プラグインのバージョン
  • WordPressのテーマ

これらのバージョンが最新版に更新したPHPバージョンに合っていなければ、エラーが発生する可能性があります。

PHPバージョンアップエラーの対処法は?

PHPバージョンアップでエラーが出た場合の大まかな対処法は以下の通りです。

  • PHPを元のバージョンに戻す
  • プラグインを無効化
  • WordPressを手動でバージョンアップ

とにかく早急に元のサイトに戻したい場合は、PHPを元のバージョンに戻してみましょう。

そして、PHPバージョンアップによる不具合は、プラグインがエラーを引き起こしているケースが考えられます。

プラグインを一つずつ無効化し、エラーの原因となるプラグインを特定し、そのまま無効化、または削除を行ってください。

また、WordPress本体、プラグイン、テーマのバージョンの古さが原因でエラーを起こしている可能性もあります。

この場合、これらをバージョンアップして、新しいPHPのバージョンに合わせるとエラーを解消することができます。

通常この作業は、管理画面で行うのですが、管理画面に入れない場合は、FTPソフトを使ってサーバーにアクセスして対処することになります。

このように、エラーが生じると復旧作業が複雑になり、慣れていないと修正に多くの時間を取れてしまいます。

最悪、復旧作業中にサイトが消えてしまうこともあるかもしれません。

このようなリスクを避けたい方は、弊社の更新代行サービスをご利用ください!

WordPressのバージョンアップは弊社の更新代行サービスをご利用ください

更新代行

WordPressでは、サイトのパフォーマンスの向上や、セキュリティ機能の強化などの目的で、定期的なバージョンアップが行われます。

常に最新の状態であることが推奨されていますが、最新版にバージョンアップする際に何が起こるのかわからない不安から、更新作業を躊躇していませんか?

バージョンアップによる不具合が不安な方は、更新作業を弊社にお任せください。

業者によって設定されている価格が異なり、同じ作業内容であっても高額な見積もりを出される場合もありますので、依頼先を検討する際には必ず他社見積りを取りましょう

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

下記の画像をクリックしていただくと、無料診断フォームに遷移します。

スポンサーリンク

WordPressのバージョンアップによるエラー対策にテスト環境を構築しよう

テスト環境

WordPressのバージョンアップの際に生じる不具合を回避したい方は、まずは公開サイトと同じ環境のテストサイトを用意しましょう。

テスト環境でバージョンアップをしてみることで、公開サイトでの不具合を事前に防ぐことができます。

弊社では、作業に入る前にテスト環境を構築し、エラーの検証を行ったうえで、安全を確認してから公開サイトでバージョンアップを行います。

WordPressの更新やバージョンアップでエラーが発生した場合、豊富な経験と実績により迅速に対処できますので安心して弊社にご依頼ください。

弊社では、安心・安全に更新・復旧作業を行うべく、丁寧な代行作業を心がけています。

まずは下記の無料診断フォームからご連絡ください。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信中


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。