SSL通信のポート番号を徹底解説!HTTPは80番・HTTPSは443番設定

SSL通信におけるポート番号とは?HTTPは80番・HTTPSは443番設定

PC

SSL通信では、ポート番号と呼ばれる番号を利用します。

ポート番号とは、TCP(Transmission Control Protocol)やUDP(User Datagram Protocol)上のサービスを識別するための番号であり、コンピュータ上で実際にデータ通信を行うための出入口の番号とも言えます。

上記で記載したTCPやUDPとは、インターネットにおいてIPの上位層プロトコルとして標準的に利用されているプロトコル(=データ通信する際の手順や約束事)です。

WEBサイトのURLやホストのIPアドレスなどを住所に例えるならば、ポート番号は部屋番号のようなものにあたります。

スポンサーリンク

ポート番号の種類

PC

ポート番号の種類には、以下の3種類があります。

  • Well Known Port Numbers(ウェルノウンポートナンバー)
  • Registered Port Numbers(レジスタードポートナンバー)
  • Dynamic Port Numbers(ダイナミックポートナンバー)
種類 ポート番号 内容
Well Known Port Numbers 0番~1,023番 一般的なポート番号
Registered Port Numbers 1,024番~49,151番 登録済みのポート番号
Dynamic Port Numbers 49,152番~65,535番 自由に利用できるポート番号

ウェルノウンポート番号は、IANA(Internet Assigned Numbers Authority)というインターネットに関する番号を割り当て・管理するアメリカの組織が管理しており、主にWEBサーバ側で利用されます。

TCPやUDPのポート番号のうち、有名なサービスやプロトコルがウェルノウンポートとして0番~1,023番に割り当てられています。

レジスタードポート番号も、IANAが利便性を配慮して登録・公開しており、ウェルノウンポート番号同様に主にWEBサーバ側で利用されます。

ダイナミックポート番号は、IANAに正式に登録されていないポート番号であり、主にWEBクライアント側で利用され、自由にポート番号を使用できます。

スポンサーリンク

SSL通信では、ウェルノウンポートHTTPSの443番を利用

PC

数多くのポート番号のうち、特定のサービスやプロトコルで使用するように決められているポート番号がウェルノウンポートになりますが、SSL通信ではウェルノウンポートのHTTPSプロトコルにあたる443番が利用されます。

特に有名なウェルノウンポートの例

プロトコル ポート番号
HTTP 80番
SMTP 25番
DNS 53番
POP3 110番
HTTPS 443番

インターネット通信を行う際に、原則としてドメインの後ろに「:(コロン)」と該当の「ポート番号」をつけてポート指定しなければいけません。

しかし、ウェルノウンポートの場合、「:(コロン)+ポート番号」の表記を省略することができます

そのため、一般的にポート番号を省略したURLを利用することがメジャーとなっています。

例:テレコム東京トップページ
https://t-tel.net/
https://t-tel.net:443/

上記2種類のドメインは、弊社のドメインになりますが、いずれも同一のWEBサイトを表します。

注釈として、ウェルノウンポートは、著名なサービスやプロトコルごとにポート番号があらかじめ決まっていますが、WEBサーバ上でサービスごとにどのポートで動作させるかをソフトウェアによって設定できる場合が多く、そのような場合は必ずしも特定のウェルノウンポート番号でなければサービスを動作・利用できないというわけではありません

しかし、ユーザーの中にはセキュリティ面の理由から、SSL通信であればポート番号443番のみでSSL通信を行うように制限している場合があります。

そのような場合、443番以外のポート番号で設定しているサイトにアクセスした場合、443番のみでSSL通信を行う制限をしているユーザーはサイトを閲覧することができません。

アクセスの減少や売上減少を防ぐためにもSSL通信を行う際にはウェルノウンポートのHTTPSプロトコルである443番の利用がおすすめです。


下記の記事では、SSL通信の仕組みや必要となるSSLサーバ証明書などについての情報をまとめていますので、よろしければご参照ください。

SSL通信とは?SSL通信の仕組みや証明書、確認方法などを徹底解説

記事はこちら

スポンサーリンク

サイトのSSL化でお困りの場合は、弊社にお任せください

今回は、SSL通信のポート番号に関する情報をご紹介しました。

サイトのSSL化に関してお困りのサイト運営者の方などは、弊社のSSL化代行サービスがおすすめです。

今なら、無料相談キャンペーンを実施しております。

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です