SSL通信にポート番号443以外は使用できる?代表的なウェルノウンポート番号まとめ

SSL通信にポート番号443以外は使用できる?代表的なウェルノウンポート番号まとめ

PC

ポート番号とは、インターネット上で標準的に使用されるプロトコルのTCP/IP通信において、コンピュータがどのプログラムに通信するかを識別するための番号です。

ポート番号は、省略して「ポート」と呼ばれることも多く、16ビットの整数で0~65535まで番号が存在します。

SSL通信に用いるポート番号は、ウェルノウンポートというHTTPSプロトコルにあたる「443番」が使用されるのが基本となっています。

そこで、今回はSSL通信において「443番以外」のポート番号は使用できるのかや、その他代表的なウェルノウンポート番号をご紹介していきます。

スポンサーリンク

SSL通信にポート番号443以外は使用できる?

PC

SSL通信には、ポート番号「443番」の使用が一般的となっていますが、利用するサーバーによっては、443以外のポートを使用できる場合もあるようです

例えば、ある業者のVPS(Virtual Private Server:バーチャル・プライベート・サーバー)では、SSL用に443番以外のポート番号で開放できますが、開放した該当ポート番号を指定する接続方法を行わなければならないとされています。

ちなみにVPSとは、仮想専用サーバーのことです。

443以外で利用するポート番号は「444」「446」「447」「448」などがありますが、「445」についてはユーザーによっては利用できない可能性が高いです。

443番以外で開放したポート番号を用いて、メインドメイン名以外のSSL通信を行う場合には、下記のようなポート番号を指定したURL表記になるでしょう。

(例)
https://マルチドメイン名:444

SSL通信において443以外のポート番号は基本的には使用できない場合が多いですが、例外的に使用できるかどうかは、お使いのサーバー元にご確認ください

代表的なウェルノウンポート番号一覧

PC

よく利用されるポート番号として、下記が代表的なウェルノウンポート番号の一覧になります。

代表的なウェルノウンポートの例

プロトコル ポート番号
HTTP 80番
SMTP 25番
DNS 53番
POP3 110番
HTTPS 443番

さらに詳しいウェルノウンポート番号についての情報は、こちらの記事にて解説しておりますので、よろしければご参照ください。

SSL通信のポート番号を徹底解説!HTTPは80番・HTTPSは443番設定

記事はこちら

スポンサーリンク

サイトのSSL化でお困りの場合は、弊社にお任せください

メール

今回は、SSL通信のポート番号に関する情報をご紹介しました。

サイトのSSL化に関してお困りのサイト運営者の方などは、弊社のSSL化代行サービスがおすすめです。

今なら、無料相談キャンペーンを実施しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

関連記事

f B!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です