「SSL通信が無効です」とエラー表示される原因とは?原因や仕組みを徹底解説

サイトを開くと「SSL通信が無効です」とエラーになってしまう

フィーチャーフォン(ガラケー)などの携帯電話やパソコンからサイトにアクセスすると、

  • 「SSL通信が無効です」
  • 「SSL/TLS通信が無効です」
  • 「接続が中断されました」

などとエラーメッセージが表示される場合があります。

上記のようなエラーが表示された場合には、サイトに接続できず、ページの閲覧や会員ページへのログイン、商品申込、商品購入などができないという現象が起こる可能性が高いです。

見たこともないエラー表示を読むと「いつもは問題なくサイトを閲覧できていたのに、いったい何が起こったのかな・・・」と不安になってしまう方も多いです。

「SSL通信が無効です」などとエラーが表示される理由は、「SSL通信」という暗号化通信への切り替えが大きく影響しているのです。

SSL通信とは、インターネット通信においてセキュリティの高い安全なデータ通信を行う暗号化通信のことです。

このことについて、次項にて詳しくご説明していきますね。

スポンサーリンク

「SSL通信が無効です」とエラー表示される原因は?

WEBサイトにアクセスした際に「SSL通信が無効です」などとエラー表示される原因は、「SSL通信」という暗号化通信を行うに伴い、SSL通信に対応した「SHA-2(シャーツー)」というサーバ証明書の形式に閲覧先サイトが切り替わったからである可能性が高いです。

「SHA-2」とは、SHA-1の次世代方式であり、安全性の高いインターネット環境で通信するために用いるサーバ証明書方式の種類です。

閲覧先サイトのサーバ証明書が、SHA-2方式のサーバ証明書に変更されたことによって、あなたが利用しているフィーチャーフォン(ガラケー)等が、SHA2方式に非対応な環境のため、「SSL通信が無効です」などのエラーメッセージが表示されるというわけです。

「SSL通信が無効です」とエラー表示された場合の対応方法

「SSL通信が無効です」などとエラーメッセージが表示された場合の対応方法は、以下の通りです。

携帯電話の場合
各キャリアのサーバ証明書の切り替えに関するご案内をご確認の上、ご対応ください。

■NTT docomo
サーバ証明書の切り替えによるドコモ ケータイへの影響について

■KDDI(au)
auケータイをご利用のお客さまへ、サーバ証明書切り替えによる影響について

■SoftBank
SoftBank 3G(携帯電話)をご利用のお客さまへ サーバ証明書切り替えによる影響のご案内

■Y!mobile
Y!mobile ケータイをお使いのお客さまへ ~サーバ証明書切り替えによる影響について~

※非対応機種についての詳しい情報は、ご利用中の携帯会社に直接お問合せください。
※上記の携帯会社以外を利用している方は、ご利用中の携帯会社に直接お問合せください。

パソコンの場合
ご利用中のインターネットブラウザを、最新版にバージョンアップしましょう。

下記の記事では、SSL通信の仕組みやサーバ証明書などの情報についてまとめてありますので、よろしければご参照ください。

SSL通信とは?SSL通信の仕組みや証明書、確認方法などを徹底解説

記事はこちら

スポンサーリンク

サイトのSSL化でお困りの場合は、弊社にお任せください

今回は、SSL通信に関する情報をご紹介しました。

サイトのSSL化に関してお困りのサイト運営者の方などは、弊社のSSL化代行サービスがおすすめです。

今なら、無料相談キャンペーンを実施しております。

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信中


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です