WEBスクレイピングとは?メリットやデメリット、活用事例などもわかりやすく徹底解説

みなさんは「WEBスクレイピング」という言葉を聞いたことがありますか?

WEBスクレイピングとは、自動的にWEBサイトのデータを収集し、収集したデータを分析・格納可能なデータへ変換する技術のことを言います。

本記事では、WEBスクレイピングに関するメリットやデメリット、活用事例、導入方法などを詳しく解説していきます。

スクレイピングを検討されている方や興味のある方などは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

WEBスクレイピングとは?

WEBスクレイピングとは、冒頭でもお伝えした通り、自動的にWEBサイトのデータを収集し、収集したデータを分析・格納可能なデータへ変換する技術のことを言います。

WEBスクレイピングは、省略してスクレイピングと呼ばれることもあります。

WEBスクレイピングを活用することによって、面倒な作業を自動化できるため、業務の効率化や生産性を高めることができます。

活用例としては、ショッピングサイトや求人サイト、物件情報サイトなど多種多様なジャンルのサイトに掲載されているデータを収集したり、特定サイトの特定カテゴリーに絞ってデータを収集したりと、WEBスクレイピングを活用すれば指定データを抽出することができますよ。

WEBスクレイピングを行う手段について

WEBスクレイピングを行う手段を基礎知識としてご紹介すると、主要なプログラミング言語としてPythonやRuby、JavaScriptなどがあります。(※WEBスクレイピングを行う手段は、この他にもさまざまな手段があります。)

また、スクリプト言語では、PHPやPerlを使用してWEBスクレイピングが行われることが多いです。

スポンサーリンク

WEBスクレイピングのメリット

WEBスクレイピングのメリットは、下記のような点が挙げられます。

自社にないデータを活用できる

自社内にあるデータは限られていますが、インターネット上には膨大な量のデータが存在しています。

WEBスクレイピングで必要なデータを収集し、収集したデータを分析したり、格納可能なデータへ変換したりして活用していくことによって、自社のマーケティングに利用・新規ビジネスを始めるチャンスをつかめるといったようなメリットがありますよ。

業務を効率化できる

インターネット上の特定サイトのデータを手動で収集して整理することは、かなりの時間と労力が必要になってしまいます。

そこで、WEBスクレイピングを利用すれば、自動的にデータを収集し、活用していくことができるため、業務の効率化につながります

WEBスクレイピングのデメリット

WEBスクレイピングのデメリットは、下記のような点が挙げられます。

取得元WEBサイトの構造が変更されると影響を受ける

基本的にWEBスクレイピングは、HTMLを元にデータを収集する仕組みとなっています。

そのため、WEBスクレイピング機能をサービスに組み込んでいる場合などにおいては、取得元のWEBサイトのHTML構造が変更されてしまうと、少なからず影響を受けてしまいます

ログからアクセス拒否される可能性がある

WEBスクレイピングをするにあたり、不審な動きをするログが残ると、取得元WEBサイトにアクセス拒否されてしまう可能性があります。

取得元WEBサイトからアクセス拒否されてしまうと、今後そのWEBサイトからデータ収集することができなくなってしまい、自社で提供するサービスに影響が出てしまう場合があります

取得元WEBサイトの利用規約や法律に触れる可能性がある

WEBスクレイピングを行う前に、取得元WEBサイトの利用規約を確認せずにスクレイピングを行った場合、法律に触れる可能性があります。

WEBサイトによっては、許可なくWEBスクレイピングすることを利用規約で禁止している場合があります。

WEBスクレイピングを行う前に、必ず取得元WEBサイトの利用規約を確認し、規約を遵守してスクレイピングしていくことが重要です。

スポンサーリンク

WEBスクレイピングの活用事例

WEBスクレイピングは、下記のようなケースで活用することができます。

活用事例

  • 特定の求人サイトから、掲載されている求人情報を自動収集
  • 自社サイトや競合サイトの検索順位を定期的にクローリング
  • ショップサイトから商品や価格、商品レビューなどを自動収集
  • 特定のポータルサイトから飲食店やサロン、宿泊施設などの情報を自動収集
  • ネットオークションの価格変動を自動収集

上記のような事例以外にもWEBスクレイピングを利用することで、業務を効率化したり、マーケティングに役立てたりすることができる事例がたくさんありますよ。

WEBスクレイピングの導入方法

WEBスクレイピングを実際に導入する方法は、主に下記の3通りがあります。

  1. 自分でプログラムを構築する
  2. 無料サービスを利用する
  3. 有料サービスを利用する

1つ目の「自分でプログラムを構築する」については、プログラミングの知識が必須となり、自分でWEBスクレイピングするためのプログラムを構築する必要があります。

コストがかからない反面、プログラムを構築する時間が技量によっては、かなりかかってしまいます。

2つ目の「無料サービスを利用する」については、コストのかからない無料ツールを利用する方法で、代表的なスクレイピングツールとしてGoogle Chromeの拡張機能「Web Scraper」があります。

Google Chromeの拡張機能「Web Scraper」は手軽に導入できるものの、対応言語が英語のみで、HTMLやCSSなどプログラミングの知識がある程度必要になるため、ご注意ください。

3つ目の「有料サービスを利用する」については、弊社のようなWEBスクレイピングの代行サービスや、他の有料ツールを利用することで、プログラミングなどの専門知識がなくても簡単に導入することができます

有料サービスはコストがかかるものの、自分が求めるWEBスクレイピングを簡単に実現することができる、かつ、安心して利用することができます。

スポンサーリンク

WEBスクレイピングでお悩みの場合は、弊社にご相談ください

今回は、WEBスクレイピングとは何かや、メリット、デメリットなどについてお伝えしました。

あるサイトのデータをスクレイピングしたいけど、「よくわからないことが多いから相談したい」「専門的で難しいから、作業を代行してほしい」などの場合には、弊社にお問い合わせください

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

下記の画像をクリックしていただくと、無料診断フォームに遷移します。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です