WordPressに自動計算フォームを埋め込みたい!プラグインの導入と使い方を教えてください

WordPressに自動計算フォームの設置をお願いします

計算フォーム

今回ご紹介する事例のお問い合わせ内容は、下記の通りです。

お問合せ内容

T様(サービス業)

ゲストハウスを運営しています。

ホームページに宿泊費が自動計算できるフォームの設置をお願いします。

イメージとしては、サイト訪問者がいくつかあるオプションから一つずつ選び、最後に自動計算して、宿泊費を表示する仕様にできればと思っています。

予算の関係で、制作コストをかけれませんので、文字入力などこちらでできそうな部分はやりたいと思います。

よろしくお願い致します。

テレコム東京の対応

対応

お客様のサイトは、WordPressで作成されていることから、記事の中に「自動計算フォーム」を簡単に設置することができるプラグインCalculated Fields Formをご提案させていただきました。

「Calculated Fields Form」には、有料版無料版があります。

自動計算フォームでしたら、無料版でも十分な機能があるのですが、有料版には、「自動返信メール」や「Paypal決済」などの充実した機能を実装することができます。

つまり、ひとつのプラグインで様々な機能が使えることから、サイトの軽量化を図るメリットがあるのです。

今回、お客様は自動計算見積もりフォームの設置のみを希望されていますので、お打ち合わせをした結果、無料版を導入することにしました。

以上の点を踏まえて、弊社では、下記のような対応をさせていただきました。

実際の対応

事前にお客様からお聞きした情報は以下の通りです。

必要な情報

  • WordPressのログイン情報
  • レンタルサーバーのログイン情報

プラグインによるエラーを防ぐために、お客様のWordPressとPHPのバージョンを確認させていただきました。

問題がないことを確認のうえ、以下の作業内容により、お客様のご要望を実現することができました。

作業内容

    1. サイト内調査
    2. プラグインのインストール
    3. 手順書を作成し、お客様へ連絡
    4. CSSでデザインの調整
    5. 動作・表示確認
    6. お客様に確認していただき、了承後、作業完了
    7. 30日間の無料保証サポート

制作コストをなるべくかけたくないというお客様のご要望により、計算フォームへの入力はお客様に行っていただきました。

計算フォームは英語表記で入力に不安がある、とお客様から連絡があったため、計算フォーム入力の手順書を弊社で作成させていただきました。

お客様とお打ち合わせを行いながら作業を進め、お客様に喜んでいただける自動計算フォームを設置することができました。

スポンサーリンク

このケースの見積もり金額

見積もり

今回ご紹介したケースの場合、弊社では4万5,000円(税別)にて対応いたしました。

業者によって設定されている価格が異なり、同じ作業内容であっても高額な見積もりを出される場合もありますので、依頼先を検討する際には必ず他社見積りを取りましょう

今回ご紹介したようなケース以外にもホームページのことでお困りの場合は、お気軽に弊社までお問い合わせください

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

下記の画像をクリックしていただくと、無料診断フォームに遷移します。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信中


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です