WordPressの固定ページと投稿ページのみが404 Not Foundエラーに…原因調査と修正をお願いします

WordPressの固定ページと投稿ページのみが404 Not Foundエラーに…原因調査と修正作業の代行をお願いします

今回ご紹介する事例は、下記のようなお問い合わせ内容です。

お問い合わせ内容

K様(サービス業)

はじめまして。

この度どういうわけか、WordPressの固定ページと投稿ページの記事のみが、突然表示できない状態になってしまいました。

固定ページや投稿ページにアクセスすると、画面上には「404 Not Found」というエラーメッセージが表示されております。

不思議なことに、ホームページのトップページや、WordPress管理画面のダッシュボードは、何も問題なく利用できている状況です。

しかし、WordPress管理画面の記事編集画面から「変更をプレビュー」をクリックすると、やはり「404 Not Found」のエラー表示になってしまいます。

原因調査と修正作業をお願いできますでしょうか。

よろしくお願いいたします。

「404 Not Found」とは、別名「404エラー」と呼ばれており、ページが存在しない際に表示されるサーバーエラーのことです。

WEBブラウザからサーバーに応答リクエストを送信しているにも関わらず、リクエストした該当データがサーバー内にない場合に表示されます。

テレコム東京の対応

上記のお客様のケースで、弊社では下記のような対応をさせていただきました。

実際の対応

まずは、下記情報をお客様からお聞きしました。

必要な情報

  • FTPソフトのログイン情報
  • お使いのレンタルサーバーのログイン情報
  • WordPressのログイン情報

弊社では、主に下記の作業内容でご依頼内容の実現ができました。

主な作業内容

  1. 状況確認・お打ち合わせ
  2. エラー原因調査
  3. WordPress管理画面よりパーマリンクを再設定
  4. FTPソフトにログインし「.htaccessファイル」の記述確認
  5. Apacheの設定で「AllowOverride」がAllになっているか確認
  6. Apacheのmod_rewriteモジュールを確認したところ、有効になっていないことを発見
  7. 「mod_rewrite.so」を有効にしたうえでApacheを再起動
  8. 動作確認後、正常に固定ページ・投稿ページの記事が表示されることを確認
  9. 最終確認を行い、作業完了
  10. 30日間の無料保証サポート

ページにコンテンツがある場合においても、「404 Not Found」のエラーが発生していると検索エンジンからクロールされることはなく、インデックスすらされない状況となってしまいます。

「404 Not Found」のエラーが表示される場合、まずはリダイレクトの設定ミスがないかや、手入力した場合にURLに間違いがないかなどを、確認してみてください。

実際にはページがあるにも関わらず、404エラーが発生しているとSEO面でもデメリットが生じてしまうため、上記の点を確認しても問題なく、解決しない場合は、お気軽に弊社までご相談ください

スポンサーリンク

このケースの見積もり金額

今回ご紹介したケースの場合、弊社では1万9,000円(税別)にて対応いたしました。

業者によって設定されている価格が異なり、同じ作業内容であっても高額な見積もりを出される場合もありますので、依頼先を検討する際には必ず他社見積りを取りましょう

今回ご紹介したようなケース以外にもホームページのことでお困りの場合は、お気軽に弊社までお問い合わせください

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

下記の画像をクリックしていただくと、無料診断フォームに遷移します。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信中


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です