WordPressのパスワード保護のテキストをカスタマイズしたら見れない状態になった!復旧お願いします

WordPressのパスワード保護のメッセージをカスタマイズしたら見れなくなりました

パスワード保護

今回ご紹介する事例のお問い合わせ内容は、下記の通りです。

お問合せ内容

W様(サービス業)

依頼内容:WordPressサイトの復旧作業

WordPressサイトに限定記事を設けたくて、投稿記事の一部にパスワード保護設定しました。

デフォルトのページが気に入らなかったのでテキストをカスタマイズをしたところ、パスワード入力後にページが見れなくなってしまいました。

カスタマイズの方法に問題があるのかもしれませんので、問題箇所の特定と復旧をお願いします。

テレコム東京の対応

対応

WordPressには、パスワード保護というページに閲覧制限をかけることができる機能があります。

パスワード保護設定された記事は、パスワードを知っているユーザーのみが閲覧することができるので、「特定の記事を限定公開にしたい」場合には便利な機能なんです。

お客様が行ったカスタマイズの内容は以下の通りでした。

  • タイトルから「保護中:」を削除
  • 本文のテキストメッセージを変更

サイト内調査を行ったところ、エラーの原因はWordPressにインストールされているプラグイン「SiteGuard WP Plugin」でした。

「SiteGuard WP Plugin」はWordPressを保護するための無料のセキュリティプラグインです。

プラグインの設定時にログインURLを変更していたことから、テキストのカスタマイズでコード記述した「functions.php」内のパスワード入力後のリンク先と合致していませんでした。

つまり、パスワード保護のメッセージをカスタマイズしたことがエラーを引き起こす原因となったようです。

以上の点を踏まえて、弊社では、下記のような対応をさせていただきました。

実際の対応

事前にお客様からお聞きした情報は以下の通りです。

必要な情報

  • WordPressログイン情報
  • FTPログイン情報

WordPressのバージョンなどに問題がないことを確認したうえで、以下の作業内容により、お客様のご要望を実現することができました。

作業内容

    1. サイト内調査
    2. FTPソフトで「.htaccess」にアクセスして該当コードをコピー
    3. 「functions.php」の該当箇所にコードを貼り付けて修正
    4. 正常に表示されることを確認後、全体の動作確認
    5. 最終確認を行い、作業完了
    6. 30日間の無料保証サポート
スポンサーリンク

このケースの見積もり金額

見積り

今回ご紹介したケースの場合、弊社では2万円(税別)にて対応いたしました。

業者によって設定されている価格が異なり、同じ作業内容であっても高額な見積もりを出される場合もありますので、依頼先を検討する際には必ず他社見積りを取りましょう

今回ご紹介したようなケース以外にもホームページのことでお困りの場合は、お気軽に弊社までお問い合わせください

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

下記の画像をクリックしていただくと、無料診断フォームに遷移します。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信中


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。