Contact Form 7にメールアドレスの確認用フォームを設置したい!カスタマイズの代行をお願いします

Contact Form 7でメールアドレスの確認用フォームの設置とカスタマイズをお願いします

確認フォーム

今回ご紹介する事例のお問い合わせ内容は、下記の通りです。

お問合せ内容

S様(小売業)

WordPressのプラグイン「Contact Form7」のカスタマイズをお願いします。

【カスタマイズ内容】
①メールアドレス確認用フォームの設置
(誤入力の場合にエラーメッセージを表示させてください)

②フォントカラーの変更
(エラーメッセージは赤色にするなど)

③メッセージを分かりやすい位置に変更

イメージをお伝えしたいので、後日打ち合わせをさせてください。

よろしくお願いします。

テレコム東京の対応

対応

サイト訪問者とサイト運営者で連絡が取り合える「お問い合わせフォーム」の設置は、サイト運営に欠かせません。

WordPressのプラグイン「Contact Form7」を使うと、お問合せフォームを簡単に作成・設置することができます。

また、フォームを作成する機能のほかに、サイト訪問者がお問合せした際に、自動応答でメールを返信する機能も搭載されています。

しかし、問い合わせをしたユーザーが、メールアドレス入力フォームに間違ったアドレスを入力してしまうと、サイト運営者と連絡を取ることができません。

お客様は、問い合わせしたユーザーへ確実に応答メールを返信する必要があるので、ユーザーの誤入力を防ぐために、メールアドレス確認用フォームの設置と、エラーメッセージを表示させたい、とのことでした。

以上の点を踏まえて、弊社では、下記のような対応をさせていただきました。

実際の対応

事前にお客様からお聞きした情報は以下の通りです。

必要な情報

  • サーバーのログイン情報
  • WordPressのログイン情報
  • FTPのログイン情報

続いて、PHPのバージョンなどに問題がないことを確認のうえ、以下の作業内容によりお客様のご要望を実現することができました。

作業内容

    1. サイト内調査
    2. バックアップをとる
    3. 「管理画面」→「お問合わせ」からフォームの作成
      ※通常のメールアドレスと確認用のメールアドレスのフォームを作成しました
    4. FTPソフトで「functions.php」にアクセスしコードを追記
      ※メールアドレスの一致チェック機能を実装しました。
    5. 「管理画面」→「外観」から「footer.php」にコードを追記
      ※メールアドレス入力フォームでコピペできないようにしました。
    6. CSSにてエラーメッセージのカスタマイズ
    7. 全体の動作確認と最終確認を行い作業完了
    8. 30日間の無料保証サポート

functions.php」へコードを記述し、メールアドレス確認用フォームを設置しました。

それぞれのフォームに入力したメールアドレスが一致しない場合は、「確認用のメールアドレスが一致していません」と赤文字で表示するように設定しました。

また、誤入力のチェック機能をさらに高めるために、メールアドレスとメールアドレス確認用の各フォームでコピペ(コピー&ペースト)できない仕様にすることをご提案させていただき、気に入っていただけたので追加で設定しました。

お打ち合わせをさせていただき、エラーに関するテキストメッセージのフォントカラーと枠を赤色に設定しました。

そして、エラーメッセージがユーザーに分かりやすい位置に表示されるように設定して作業完了とさせていただきました。

スポンサーリンク

このケースの見積もり金額

見積り

今回ご紹介したケースの場合、弊社では3万円(税別)にて対応いたしました。

業者によって設定されている価格が異なり、同じ作業内容であっても高額な見積もりを出される場合もありますので、依頼先を検討する際には必ず他社見積りを取りましょう

今回ご紹介したようなケース以外にもホームページのことでお困りの場合は、お気軽に弊社までお問い合わせください

弊社にお問い合わせいただく70%は、専門知識を持たれていない読者様からです。

わかりやすい言葉でご説明させていただくように心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。

下記の画像をクリックしていただくと、無料診断フォームに遷移します。

関連記事

f B!

PUSH A(プッシュエース)でプッシュ通知を配信中


プッシュエースの登録方法については、下記の記事でご紹介しています。


記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。